HOME > サステナビリティ > 環境への配慮 > 廃棄物管理と資源効率の向上

廃棄物管理と資源効率の向上

最終更新日: 2019.10.04
to English page

ファーストリテイリングは、事業活動およびサプライチェーンから排出される廃棄物と、お客様のご不要になった服の再利用・再生資源化を促進し、循環型社会の実現に貢献します。

廃棄物管理と資源効率の向上方針

廃棄物は、適切な処理をすることで再利用可能な貴重な資源になります。事業活動から排出される廃棄物(お客様のご不要になった商品廃棄を含む)について、排出量の削減をめざすとともに、再利用および適切な処理を推進し、資源の循環利用に取り組みます。循環経済(サーキュラーエコノミー)の実現と資源効率の最大化を追求するため、資源の使用量削減やリユース・リサイクルの促進などに取り組んでいきます。資源効率を向上させるうえで最も大切なのは、長期にわたってお客様が服をご愛用くださることです。高品質で長くご使用いただける服をお客様に提供することで、資源効率性の高い社会の実現に貢献します。

目標

自社

・店舗、オフィスにおける資源リサイクル
世界中で展開する店舗とオフィスから排出される廃棄物を適正に管理・処理することで、資源リサイクルを推進します。国内ユニクロでは、廃棄される段ボールを100%リサイクルするという目標を掲げ(ロードサイド店のみ)、この目標数値を2017年度に達成しています。また、ショッピングモールに出店している店舗でも、ビルのオーナーと協業し、資源リサイクルを推進していきます。

・原材料調達における資源利用の効率化
商品の企画および調達する原材料の選定において、リサイクル素材の活用など、資源効率の向上につながる原材料の利用を促進します。

・商品の企画における資源利用の効率化
ユニクロは、LifeWearとしてのタイムレスなデザインと耐久性を追求し、お客様に長く愛用していただける服を企画・生産・販売することで、資源がより効率的に使用される社会の形成に貢献します。

サプライチェーン

生産工程で発生する廃棄物の抑制や、繊維くずの再利用などの新しい技術を研究していきます。また、輸送方法の最適化や梱包材の再利用などを通して、廃棄物を最小限に抑えていきます。

お客様

お客様がご不要になった服を回収し、服を必要としている難民・避難民などに提供します。また、回収後の再利用ができない服は、適切な処理を実施したうえで、さまざま資源(廃棄物固形燃料など)として活用する取り組みを推進します。

使い捨てプラスチック使用削減に向けたグループ方針

ファーストリテイリングは、地球環境に配慮した持続可能な事業構築に向けた取り組みの一環として、2019年7月に、「サプライチェーン全体で不要な使い捨てプラスチックを原則として撤廃、使わざるを得ないものについては環境配慮型素材に切り替える」グループ方針を策定しました。

・商品パッケージおよびショッピングバッグにおける環境配慮
商品パッケージやショッピングバッグの素材使用量の削減や、環境配慮型素材への切り替えにより、地球環境への影響を最小限に抑えていきます。 2020年中を目処に全世界のファーストリテイリンググループ全体で、店頭でお客様の手に渡る使い捨てプラスチックのうち、ショッピングバッグと商品パッケージの85%に当たる約7,800トンの削減をめざします。

自社における取り組み

店舗

国内ユニクロでは、独立型店舗であるロードサイド店から廃棄される段ボールを、100%リサイクルするという目標を掲げています。外部のリサイクル会社と協力して、2017年度は100%のリサイクルを達成しました。

また、国内ユニクロでは、店舗の閉店や改装の際に不要となった什器や設備の一部を、新規店舗で再利用しています。この取り組みは、中国や韓国のユニクロにも拡大しています。

原材料調達における資源利用の効率化

・ダウンのリサイクル
ユニクロは、お客様が着られなくなったウルトラライトダウンを国内全店舗で回収し、取り出した羽毛を新しいダウン商品の素材として再利用する取り組みを開始しました。2020年秋冬シーズンから、リサイクル・ダウンを素材の一部に使用したダウン商品を販売する予定です。

関連リンク

・リサイクルポリエステル繊維の活用
ユニクロは2020年春夏シーズンから、ペットボトルリサイクルポリエステルを使用した高機能速乾ウエア「ドライEX」の生産を開始します。

関連リンク

ショッピングバッグ

ファーストリテイリングは、2019年9月1日より、現在日本をはじめ世界12カ国・地域の事業で使用しているプラスチック製ショッピングバッグを、FSC認証(森林認証)を受けた紙または再生紙を使用した環境配慮型の紙製に順次切り替えを開始しました。欧州のユニクロや、セオリー、コントワー・デ・コトニエ、プリンセス タム・タム、プラステの各ブランドなど、すでに紙製ショッピングバッグを導入している事業および地域でも、2019年9月以降順次、環境配慮型の紙製ショッピングバッグに切り替えを始めています。

また、紙を含めた資源の有効活用に向け、ショッピングバッグ全体の使用量を減らす目的で、2019年9月以降順次、国内外のユニクロ、ジーユーおよび全世界のコントワー・デ・コトニエ、プリンセス タム・タム店舗でオリジナルのエコバッグを販売しています。さらに、エコバッグの利用促進のため、国内ユニクロとジーユーでは、2020年1月14日からショッピングバッグの有料化を予定しています。また、欧州、北米、韓国など海外16カ国・地域のユニクロとジーユーでも、2019年9月以降それぞれショッピングバッグを有料化しています。

商品パッケージ

2019年秋冬シーズンからユニクロのルームシューズなど一部商品でプラスチック製パッケージを廃止しています。また、ヒートテックやエアリズム、インナー類など、ユニクロとジーユーの一部商品パッケージに使用するプラスチックについても、代替素材への切り替えをめざし、2019年夏から検証を開始しています。

サプライチェーンにおける取り組み

物流

物流では、段ボールなど、多くの廃棄物が排出されます。物流から排出される廃棄物を削減するため、さまざまな取り組みを推進しています。

取り組みエリア内容

段ボールの削減

国内ユニクロ
・ジーユー

工場から販売国の倉庫に届いたユニクロとジーユーの商品の一部は、倉庫で開梱され、店舗からの発注にあわせて詰め替えられます。従来は、詰め替え後、店舗向け配送用に使用する段ボールを新規に購入していましたが、日本の倉庫では、段ボールの再利用と、折り畳みコンテナ(オリコン)を利用した配送に切り替えることによって、新規に購入する段ボールを大幅に削減しています。国内ユニクロでは、年間の新規段ボール購入量を約70%削減しました。

倉庫作業の紙使用量の削減

国内ユニクロ

国内ユニクロでは、従来、倉庫から店舗に商品を出荷する際に、出荷指示を紙で確認しながら商品のピッキング(棚から取り出す作業)を行っていました。現在では、出荷指示を紙ではなく、端末上で確認することで、紙の使用量を削減しています。また、Eコマースにおいても、紙のオーダー伝票を電子データで確認することにより、紙使用量を大幅に削減しました。

お客様参加型の取り組み - 全商品リサイクル活動

ファーストリテイリングは、2006年より、お客様のもとで不要になった服を、ユニクロとジーユーの店舗で回収し、再利用する全商品リサイクル活動を行っています。回収した服は選別し、着用可能な服(回収した服の約80%)は難民・避難民など、服を必要としている人々に寄贈しています。着用に適さない服(同約20%)は、破砕機で細かく裂き、金属を取り除いてから紙とプラスチックを混ぜ合わせて圧縮することで、廃棄物固形燃料(RPF※)として再利用しています。RPFは、石炭など化石燃料の代替として、大手製紙会社の専用ボイラーで使われています。
※RPFはRecycled Paper and Plastic Fuelの略

廃棄物固形燃料(RPF)

回収した服でできた廃棄物固形燃料(RPF※)

関連リンク

廃棄物量

自社

単位:トン

項目 廃棄物の種類 2018年度
(2017年9月-2018年8月)
店舗(一部推計) 可燃物 6,279
廃プラスチック類 6,217
段ボール 27,077
合計 39,573
本社 154
集計範囲
  • 本社:山口本社と六本木本部と有明本部
  • 店舗:国内ユニクロとジーユー

ページトップへ