HOME > IR情報 > 経営方針 > トップメッセージ

トップメッセージ

最終更新日: 2019.05.13
to English page

LifeWearが世界を変える

代表取締役会長兼社長 柳井正

今、ファーストリテイリングは、10年前には想像もできなかった、まったく新しいステージにいます。日本で生まれたユニクロは、アジア発のグローバルブランドとして、世界中の人々に高く評価され始め、期待値も高まっています。世界22の国と地域に進出しているユニクロは、今年の秋にはインドに1号店を出店します。"From Dhaka to New York"という広い地域で、ユニクロのLifeWearのコンセプトが世界中の人々に愛され、信頼いただいていることを、大変うれしく思います。

LifeWearは、あらゆる人の生活をより豊かにするための服です。美意識のある合理性をもち、シンプルで上質、細部への工夫に満ちた、生活ニーズから考え抜かれた究極の普段着です。ファーストリテイリングは、今、グローバル企業としての基盤を確立し、多彩で才能あふれる多くのビジネスパートナーとの協業により、新たな成長ステージに入ったと感じています。

2019年8月期上期の業績は、過去最高の売上収益と営業利益を記録することができ、通期でも過去最高の業績を達成する見込みです。上期は、暖冬という逆風もありましたが、海外ユニクロ事業がしっかりと業績を伸ばしたことと、ジーユー事業の収益回復に支えられ、増収増益を維持することができました。こうした継続的な成長は、2017年春から開始した有明プロジェクトの成果によるものです。有明プロジェクトは、世界中の人々にLifeWearを提供するために、社員全員の働き方を根本から変え、商品の企画・計画・生産・物流・販売のすべてのサプライチェーンを改革するプロジェクトです。このプロジェクトは、我々の考え方の改革であり、企業文化を変え、社会に提供する価値を変え、社会そのものを変えていくものです。

現在、世界的に企業の評価基準は、企業としての「質」を問うものに変化しています。我々は事業を拡大し、「世界No.1」をめざしています。年間13億点という膨大な量の服 を製造・販売している我々にとって、服を製造している縫製工場や素材工場で働く人々の労働環境や人権を守ること、地域社会への影響に配慮することが、より重要になってきて います。また、全商品リサイクル活動、女性活躍、障がい者雇用、難民支援などの社会貢献活動も積極的に行っていきます。

我々は、世界中で社会に良い影響を与え、尊敬される企業になりたいと願っています。服を通して人々の生活をより良い方向に変える努力を、これからも続けていきます。

2019年5月
株式会社ファーストリテイリング
代表取締役会長兼社長 柳井 正
Tadashi Yanai

ページトップへ