HOME > サステナビリティ > 私たちが考えるサステナビリティ >推進体制

推進体制

最終更新日: 2022.11.30
to English page

推進体制

ファーストリテイリングでは、代表取締役社長が、サステナビリティの統括責任者として、取締役および執行役員を任命しています。また、経営と一体化したサステナビリティ活動を、適切な判断のもとに推進していくために、取締役、監査役、社外有識者、および、執行役員が出席する、サステナビリティ委員会を設置しています。委員会は、サステナビリティの各種方針および施策について議論し、業務執行部門に対して、助言・勧告および監督を行います。委員会では、環境保全、人権尊重の取り組み、社会貢献活動、コンプライアンス、ダイバーシティなど、サステナビリティのさまざまな観点から、企業活動の方向性や方針を議論し、結論づけています。議論内容は、営業、マーケティング、生産、購買、人事などの関連部門に展開されます。2022年度は、資源循環や情報開示をはじめとするサステナビリティのグローバル潮流、社会貢献活動、お客様などステークホルダーの活動参加を促すコミュニケーションのあり方などについて、討議や進捗管理を行うとともに、活動の方向性について結論づけました。さらに、お客様が今求めているものを理解し、すぐに商品化し、ご提供することをめざして、全社的に改革を進める「有明プロジェクト」の中で、サステナビリティを重要課題として位置付けています。「有明プロジェクト」は、デジタル技術の活用による正確な需要予測やサプライチェーンの効率化をはかることで、「無駄なものをつくらない、運ばない、売らない」を実現し、お客様満足の向上と、環境負荷の低減などのサステナビリティの課題解決につなげる取り組みです。店舗・Eコマースでの販売、生産・物流を含むサプライチェーンマネジメントなどの担当部署が、温室効果ガスの排出量や廃棄物の削減、トレーサビリティの確立など、サステナビリティの各課題に対して責任者を任命のうえ、目標とKPIを設定し、取り組みを進めています。

他にも、リスクマネジメント委員会人権委員会コードオブコンダクト委員会企業取引倫理委員会といった、取締役、監査役、社外有識者、執行役員などが出席する委員会において、環境や人権などの重要課題におけるリスクや対応策などを議論しています。また、監査役会は、サステナビリティに関するさまざまな課題をリスクとして認識し、業務執行部門に適宜報告を求めています。2022年度は、サステナビリティ部より環境や人権を含むサステナビリティの現状と課題、法務・コンプライアンス部よりグローバルホットラインの現状、また、人事部・総務部・ウェルネスセンターより従業員エンゲージメント調査の結果や労務管理の現状について、報告が行われました。

ファーストリテイリンググループ全体でサステナビリティ活動を着実に実行していくため、サステナビリティ部を中心に、本部の関連部門および全世界の経営者と日常的に連携を図るとともに、海外の主要拠点にサステナビリティ担当者を置き、推進体制を強化しています。週次ミーティングなどの日常的なコミュニケーションのほか、半期に1回、全世界の担当者が東京本部に集まってグローバルカンファレンスを開催し、各国・各地域の課題や活動を討議しています。

また、世界のさまざまなステークホルダーと協働することで、グローバルな社会課題や環境課題への理解を深め、取り組みの継続的な改善と効果の最大化を図っています。積極的に情報開示や対話を行うことで説明責任を果たすとともに、サステナビリティ活動の透明性の向上に努めています。

関連リンク

ページトップへ