HOME > サステナビリティ > 私たちが考えるサステナビリティ > CEOコミットメント

CEOコミットメント

最終更新日: 2019.02.28
to English page

成長する。そして、子どもたちと若い世代のためにより良い世界を創る

Tadashi Yanai, Chairman, President and CEO

今、私たちが考えるべき最も重要なことは何でしょうか。 それは世界が今後 、さらに成長し、子どもたちと若い世代がより幸せな生活を送るための新しい方法をつくり出すことだと、私は思います。

貧困や難民問題、人種差別、テロ、地域紛争、気候変動、資源の枯渇など、世界には深刻な問題が山積しています。人類そのものの生存自体が危ぶまれる状況です。
これまでの発想を変えなければならない。過去の延長線上に未来はありません。

グローバルに事業を展開する企業として、社会の要請に応え、課題の解決に取り組むのは当然のことです。私たちは社会に、そしてすべてのステークホルダーにとって「本当に良いこと」をしているか、常に自らに問いかけ、正しいと信じたことを実行してきました。その姿勢は今後も変わりません。

しかし、企業の使命を考えたとき、それだけでは明らかに不足しています。 最も重要なのは、常に新たな可能性にチャレンジし、成長し続けることです。 過去の常識にとらわれず、ビジネスのやり方をゼロから変え、事業そのものを通じて世界をより良いものにしていく。 そういう挑戦を私たちは続けます。

その一つの表れがLifeWearという私たちのコンセプトです。 LifeWearとは、 人種、年齢、民族、宗教、性別や性的指向を超えた、MADE FOR ALL「あらゆる人のための服」、 人々の生活をより豊かに、より快適に変える服。

LifeWearは、ファッションという概念を超えた、新しい発想の服です。 無駄なものをそぎ落とし、自分らしい高品質な生活を実現する。 その根本にある考え方は「無駄なものをつくらない、運ばない、売らない」。 資源を有効に使い、余計な労働を生み出さない。 物流や在庫の無駄をなくし、お客様にとって最も便利で効率的な方法で、お客様の求める商品をお届けする。 これが私たちの挑んでいることです。 まだまだ足りないことだらけですが、正しい方向に進んでいると確信しています。

私たちのサステナビリティステートメント「服のチカラを、社会のチカラに。」は、 このLifeWearの考え方を中心にすえたものです。 取り組むべき重点領域として「商品と販売を通じた新たな価値創造」「サプライチェーンの人権・労働環境の尊重」 「環境への配慮」「コミュニティとの共存・共栄」「従業員の幸せ」「正しい経営」を定めました。 私たちはこれらの実現に真剣に取り組んでいます。

「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」
これはファーストリテイリンググループのステートメントです。 まず、自ら変わり、世界を変える。私たちは時代を超え、国境を超え、世界のあらゆる人々に 服を着る喜び・幸せ・満足を提供し続けることで、より良い世界の実現に全力を尽くすことを約束します。

2019年1月

株式会社 ファーストリテイリング
代表取締役会長兼社長 柳井 正
Tadashi Yanai

ページトップへ