HOME > サステナビリティ > コミュニティとの共存・共栄 > コミュニティエンゲージメント方針

コミュニティエンゲージメント方針

最終更新日: 2019.10.04
to English page

グローバルで事業を展開するファーストリテイリングは、各国や地域における社会的課題を解決するための支援を積極的に行い、地域コミュニティとの共存・共栄をめざします。

コミュニティエンゲージメント方針

コミュニティエンゲージメント方針

国際社会は現在、環境負荷の増大、貧困、難民問題、人種差別、テロ、地域紛争など数多くの社会的課題に直面しています。グローバルで事業を展開しているファーストリテイリングは、一企業として、このような社会的課題の解決に積極的に取り組んでいます。各コミュニティの経済状況、社会状況が安定していなければ、小売業は成り立ちません。生産拠点も同様です。ファーストリテイリングは、地域コミュニティとの共存・共栄をめざし、自社が持つ店舗・人材・商品・ノウハウなどを活用し、コミュニティへの貢献活動を積極的に行っていきます。

コミットメント

  • 「2020年コミュニティエンゲージメント目標」を掲げ、6つの領域で課題解決を通じた価値創造に取り組みます。
  1. 1.未来を担う若者への支援。若者のエンパワーメントのための教育支援、社会参加支援を行います
  2. 2.雇用機会の創出。社会的に弱い立場にある人々の自立につながる支援に取り組んでいきます
  3. 3.取引先工場の従業員へのエンパワーメントのための支援を行います
  4. 4.難民支援。難民・避難民へ服の緊急支援を行います
  5. 5.従業員のボランティア活動を促進します
  6. 6.ソーシャルビジネスの推進。グラミンユニクロ事業を通じて、地域雇用を創出し、バングラデシュの社会・経済の発展に貢献します
  • 3つのエリアで活動を行います。
  1. 1.ファーストリテイリンググループが出店しているエリア
  2. 2.取引先の生産拠点があるエリア
  3. 3.難民・避難民問題を抱えているエリア
  • 事業を展開する地域で、雇用や地域経済の発展に貢献するため、現地での調達を推進します。
  • 国連機関やNPO、NGOなど、さまざまな団体や人々と協力してコミュニティへの貢献活動を行います。
  • スポーツ、文化支援を行います

アプローチ

  • 活動の推進体制

各コミュニティの社会的ニーズや課題を理解し、それに貢献し、解決につなげるための具体的なアクションを実行するために、各国や地域にサステナビリティ担当者を配置しています。2018年8月末現在、14の国と地域に担当者を配置し、各地域の課題の解決や、活動を行っています。
例えば、服の寄贈活動、店舗での「職場体験」や「お買い物体験」、出店している地域で活動する団体への支援などを行っています。

活動を推進するための外部団体との連携

  • 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)とグローバルパートナーシップを結び、難民への衣料支援、難民の自立支援プログラム、難民雇用、従業員派遣プログラムを実施
  • スペシャルオリンピックスが開催する競技会への支援、ボランティア活動による支援
  • ソンチンリンファウンデーション(中国)とともに、出稼ぎ労働者の留守児童に衣料支援と寄付を実施
  • TSURUMIこどもホスピスを日本財団とともに支援
  • 「ストリートサッカーUSA」への支援

ユニクロによる難民への
衣料支援

国内ユニクロ店舗での「職場体験」

米国ユニクロによる
「ストリートサッカーUSA」への支援


ページトップへ