HOME > CSR >  私たちが考えるCSR

私たちが考えるCSR

最終更新日: 2016.04.26
to English page

ファーストリテイリンググループのCSR

ファーストリテイリンググループの目指すことは、"服のチカラ"で社会や人々の生活を豊かにしていくこと。それは企業理念「FAST RETAILING WAY」の冒頭に掲げたステートメントに表されています。

CSR(企業の社会的責任)とは「社会に対する約束」を守ること、そして社会とともに持続可能な成長を実現することであると私たちは考えます。ファーストリテイリンググループにとっての社会に対する約束ごとが、まさに「FAST RETAILING WAY」です。私たちのすべての行動や判断について、この約束ごとを基準に進めていきます。そこに妥協の余地はありません。コンプライアンスや企業倫理を常に重視し、誠実に行動します。チェックアンドバランスの行き届いた経営体制を構築し、公正で健全なコーポレート・ガバナンスを確立します。そしてステークホルダーとの対話や、説明責任を果たし、グローバルな取組みを推進していきます。

企業にとってのCSR活動とビジネス活動は表裏一体で、どちらが欠けても、事業活動は持続可能ではなくなり、その企業は社会的に評価されません。その意味で車の両輪であるといっても良いでしょう。日常の事業活動を通じて本当に良い服、今までにない新しい価値をもつ服を創造する。世界中のあらゆる人々に、良い服を着る喜び、幸せ、満足を提供することによって「世界を良い方向に変えていく」。それが私たちの目指すCSRです。

ページトップへ