HOME > サステナビリティ > 私たちが考えるサステナビリティ > 重点領域とサステナビリティポリシー

重点領域とサステナビリティポリシー

最終更新日: 2018.03.30
to English page

サステナビリティへの課題認識を深め、取り組みを一層強化していくために

環境負荷の増大、貧困、難民問題、人種差別、テロ、地域紛争など、世界では今、一刻の猶予も許されない問題が山積しており、人類の長期的な生存自体が危ぶまれています。これらの課題解決に向けて、国連は2015年9月、「SDGs(持続可能な開発目標)」を加盟193カ国すべての合意で採択。「(世界中の人々が)共同の旅に乗り出すにあたり、誰も置き去りにしないことを誓う」というメッセージを発するとともに、国際機関と自治体、NGO・NPO、企業が協働して目標を達成していくことを目標の一つに位置づけました。

ファーストリテイリンググループにおいても、世界各国の取引先工場を含むすべての従業員が不平等なく、安全で働きがいのある労働環境を実現していくこと(目標8)、大量生産に伴うエネルギー消費量や二酸化炭素排出量を削減し、かつ長く着られる上質な服をつくっていくこと(目標12・13)などは、グローバルな事業を営むうえで重要な課題です。こうした課題認識をさらに深め、取り組みを一層強化していくために、ファーストリテイリングは「サステナビリティステートメント」を策定し、4つの重点領域を特定しました。

部門横断的に「環境」に対する行動目標を設定

人類の喫緊の課題の一つである地球環境問題への対応は、素材調達から店舗での販売まで、サプライチェーン全体に関わる重要課題です。そこでファーストリテイリングは、部門横断的に環境に対する行動目標を制定。長年にわたってこれらの課題解決を目指して取り組んできた、サプライチェーンを構成する社内外の多様なステークホルダーと協働しながら取り組みを推進していきます。

サプライチェーン

  • 人権尊重
  • 無駄をなくすことによる環境負荷の最小化
  • 取引先との強固なパートナーシップによる経営の安定と成長
  • トレーサビリティの追求と課題の理解・解決
  • お客様への情報開示
  • 環境側面におけるポリシー
  • 社会側面におけるポリシー

商品

  • 原材料調達・生産における社会・環境への配慮
  • サステナブルな商品づくり
  • 社会・環境に貢献するライフスタイルと商品の提案

店舗とコミュニティ

  • 店舗使用エネルギーの抑制・削減
  • 店舗での廃棄物管理とリサイクル
  • サステナブルな店舗建材・設備・消耗品
  • コミュニティの安定・持続的成長および地域社会との共存共栄
  • 顧客創造および従業員のモチベーション向上につながる社会貢献
  • 店舗設計とオペレーションポリシー
  • コミュニティリレーションポリシー

従業員

  • 人権尊重
  • 機会均等・多様性尊重
  • 安全・健康尊重
  • キャリア開発の促進
  • 能力開発・教育の促進

サステナビリティポリシー

ファーストリテイリングのサステナビリティポリシーは4つの重点領域で構成されます。これらの領域において、私たちはイノベーションを起こし、社会・環境への配慮を組み入れ、透明性をもって、成長していきます。

ページトップへ