ユニクロUNIQLE ユニクロ(UNIQLO)
アルバイト採用情報

スタッフ紹介

MIHARA
人生初のアルバイト
~3年後の今思うこと~
MIHARA 週4日|学生|準社員

常に周りを見渡し、
今一番すべきことを見極める

大事にしていることは「お客様の表情を見ること」と「やることの優先順位をつけること」。
常に周りを見渡し、お客様がお困りじゃないかなとか、空調は暑くないかなとか、気配りも自然とできるようになりました。最近念願の売場指示を任せてもらい、ウィメンズフロアの安定運営が今の私のミッションです。お客様に気持ちよくお買い物いただくため、お客様の動きや商品の売り上げに合わせて、今一番すべきことは何か、本当にこれが重要なのかを見極めながら、スタッフのスキルを考慮した配置を考え、判断し指示を出していく、本当に試行錯誤の毎日です。

自分が携わって
世界1位になれたらすごい!

大学生活にも慣れてきたころ、そろそろアルバイトを始めようかなと思い、カフェや飲食店など数社の面接を受けました。その中で、一番教え方が丁寧で、安心できたのがユニクロでした。「私たちの会社は世界No.1を目指しています」最初の研修で聞いた印象深い言葉です。「自分が携わって世界1位になれたらすごい!かっこいい!」アルバイトをする理由は人それぞれですが、私はどうせやるなら他にはない経験をしたい、とこの仕事を選びました。

わからないことが
わかるようになることが楽しい

業界にこだわりはなかったのですが、まさかアパレルで働くなんて!というスタート。周りの友達からも「えっ、ユニクロ?!大変そう・・・」とよく言われました。しかも最初に感じたのは、「覚えることが多すぎる」という壁。ただやり始めると、できないことができるようになる、わからないことがわかるようになることが楽しくて。負けず嫌いの性格もあって、もっと仕事を覚えたい、もっと上を目指したい、と思うようになりました。

人見知りだった3年前
今は海外のユニクロでも働いてみたい

卒業後は海外留学をする予定なのですが、海外のユニクロでも働いてみたいと思っています。小さい頃からすごい人見知りで、人と目を合わせるのも苦手でした。そんな私がこのアルバイトを始めて3年、すっかり慣れ、今ではお客様と話すことが大好きです。ユニクロの服を好きになってもらいたいとか、商品についてもっと知ってもらいたいとか、伝えたいことができたからでしょうか。自分でも驚きです。

最初のちょっとしたきっかけで選択したユニクロでのアルバイト。3年間で私の人生に大きな変化をもたらしてくれました。最初の気持ちを信じてよかった!

※掲載内容は取材当時の内容です

その他のスタッフを見る

   
Tweet