HOME > サステナビリティ > News & Updates > 2009年9月度 ユニクロの全商品リサイクル活動 結果報告

News & Updates

最終更新日: 2009.11.30

2009年9月度 ユニクロの全商品リサイクル活動 結果報告

2009年9月度のサンキューリサイクル活動では79万点を回収
本年は合計262万点となり過去最高の年間回収数量となりました
本年もたくさんの善意をお客様よりお届けいただきました

株式会社ユニクロ

株式会社ユニクロは、CSR活動の一環として、ユニクロで販売した全ての商品をお客様よりお預かりし、リサイクル、リユースする活動を行ってまいりました。2006年9月よりスタートし、当初は毎年3月と9月に、本年からはさらに回数を増やし、6月を含めた年3回実施しております。

お客様への感謝の意味を込めて「サンキューリサイクル」と名付けられたこの活動。8回目の本年9月の回収数量は79万点で、2009年合計点数は262万点となり、過去最高の年間回収実績をあげました(前年度は159万点)。お客様からのご協力・ご支援の輪が着実に広まり、回収点数は年々増加しています。

 全商品リサイクル活動「サンキューリサイクル」実施概要

ユニクロは、2001年9月より自社で販売したフリース商品の回収、リサイクルを行なってきました。2006年9月より、回収・リサイクルの対象をユニクロの全商品に拡大。以降毎年3月と9月、本年からは6月も加えて、各1ヶ月間「サンキューリサイクル」と称し、継続的・定期的に回収・リサイクル活動を実施しています。

2009年9月度の回収数量は約79万点となり、3月、6月回収分と合計すると262万点。前年の159万点を大きく上回る(前年比165%)過去最高の回収数量となりました。

20091130_images.jpg

 回収商品の約80~90%は、難民・避難民支援や災害支援等の救援衣料としてリユースに

これまでお客様からお預かりした衣料は、エネルギー資源や工業用繊維へとリサイクルするとともに、約80~90%の衣類をリユースし、難民・避難民支援や災害支援等の救援衣料として活用しております。

 

難民・避難民支援では、支援を行なう各団体・機関(※)のご協力のもと、ユニクロのスタッフがアジアやアフリカの難民キャンプに直接訪問して、救援衣料を寄贈してきました。2010年1月には、アフガニスタンの難民・避難民への寄贈が決定しております。

ユニクロでは、今後も衣類とともにお客様の善意も直接お届けすることが出来ればと考えております。

 難民・避難民支援活動に全面的にご協力をいただいている国際機関・NGO
     国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)
     NPO法人日本救援衣料センター(JRCC)
     家族計画国際協力財団(JOICFP)

 全商品リサイクル活動 難民キャンプへの寄贈フォトレポートを更新しました

お客様からお預かりした衣料が、実際にどのように活用されているのか。難民・避難民への寄贈について、ユニクロのホームページ内の「難民キャンプへの寄贈フォトレポート」にてご報告しています。

11月30日からは下記のURLにて、本年9月に救援衣料を寄贈したネパールの難民キャンプのレポートを掲載いたします。ネパールへは2度目の寄贈。2年前に寄贈した服は本当に役に立っていたのか、難民問題に何らかの変化を及ぼすことができたのか、新しい切り口でレポートします。

・全商品リサイクル活動に関する詳細はこちら 
http://www.fastretailing.com/jp/sustainability/community/recycle.html

・全商品リサイクル活動「難民キャンプへのフォトレポート」はこちら
https://www.uniqlo.com/jp/sustainability/refugees/photo/

 

ページトップへ