用語集

素材

補足機能


アクリル (acrylic)

石油を原料とするアクリロニトリルを主成分にする合成繊維で、羊毛に似た感触をもち、アパレルなどに広く利用されています。

ナイロンポリエステルとともに三大合成繊維の一つです。

1950年にアメリカの繊維メーカー、デュポン社が初めて工業生産を開始しました。柔らかい風合い、羊毛に似た性質からセーターや毛布などに用いられています。