補足機能


朱子織り (しゅすおり) (satin weave)

20061030back_saten_pleets_skirt.jpg

朱子織りは、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)の交差する点(組織点)がもっとも少ない組織の織物のことで、組織点が少ないため、光沢のある滑らかな布地になります。

平織、綾織とともに「織物の三元組織」の一つです。

絹を用いた本朱子(シルク・サテン)のほか、綿朱子や毛朱子などもあります。

現在ではポリエステルなどの合繊でも織られています。ドスキンやベネシャンも朱子織の仲間です。