補足機能


メルトン (melton)

20061031wool_p_coat.jpg太い番手の紡毛糸で織り上げたあとに、十分に縮絨(しゅくじゅう=布地を縮める)を行い、メルトン仕上げという起毛加工をした厚手ウール織物のことです。

縮絨することで布目が密になり、表面を毛羽立てることによって保温性にすぐれた織物になります。

保温性に富んでいることから、ピーコートダッフルコートなど、船員や漁師の制服や仕事着に用いられました。

名前の由来は、イギリスでキツネの狩猟地として知られるメルトン・モーブレーという説と、この仕上げ技術を考案したハロー・メルトンの名前にちなんだ説があります。