HOME > グループ企業 > グループ企業ニュース > ユニクロが中国においてネット通販事業をスタート

グループ企業ニュース

最終更新日: 2009.04.16

ユニクロが中国においてネット通販事業をスタート

ユニクロが中国においてネット通販事業をスタート
TAOBAOとパートナーシップを締結し、4月16日(木)オープン

株式会社ユニクロ
to English page

ユニクロは、中国の電子商取引企業グループ最大手「アリババ:Alibaba」の中核をなすショッピングサイト「タオバオ:TAOBAO」とのパートナーシップにより、中国におけるネット通販事業をスタートいたしました。
本日、4月16日(木)にタオバオモール内と独自サイトの2店舗を同時にオープン。これにより中国大陸全土のお客様にユニクロの商品を提供することが可能となりました。

中国においてネット通販事業をスタート

独自サイトイメージ

2002年9月に上海1号店を開店後、ユニクロは着実に店舗網を整えてまいりました。4月16日現在で、香港を含む中国全体で36店舗を展開しております。中国における売上高は、前年を大幅に上回る急成長を続けており、今後早期に100店舗体制を構築していく計画です。

そして今般、中国の電子商取引企業グループ最大手「アリババ:Alibaba」の中核をなすショッピングサイト「タオバオ:TAOBAO」との戦略的パートナーシップにより、中国におけるネット通販事業をスタートいたしました。中国のインターネットユーザーは、3億人に迫る勢いで増加しており、ネット通販事業は極めてポテンシャルの高い成長市場と言えます。ユニクロは、急成長を遂げつつある同市場に参入することにより、中国全土のお客様に高品質なユニクロ商品を提供するとともに、広大な国土を持つ中国において、ユニクロブランドの認知拡大を図ってまいります。

2店舗同時オープン

4月16日(木)にユニクロがオープンするのは、タオバオモール内と独自サイトの2店舗です。売上高1000億元超、会員数1億人以上(2008年度)を誇る中国のショッピングサイト最大手タオバオモール内への出店により、ユニクロは短期間に中国における認知の拡大が期待できます。

一方、ユニクロ独自サイトの店舗は、全世界のユニクロサイトと共通のフォーマット。「UNIQLOCK」といった人気ウエブコンテンツなど、ユニクロ独自の魅力の詰まったサイトになっています。ユニクロのお得なキャンペーン情報を提供するメールマガジンも毎週配信され、旬の情報を受け取ることができます。

両サイトともユニクロの主要商品、約500アイテムの購入が可能で、キャンペーン情報も充実しています。

オープン時の主力商品は、ユニクロのTシャツブランド「UT」。"MEGA CULTURE"キーワードに、様々なカルチャーをTシャツに載せて、夏シーズントータルで約700色柄のTシャツを中国全土に発信していきます。

 

ページトップへ