HOME > グループ企業 > グループ企業ニュース > スペイン初の店舗「ユニクロ パッセージ・デ・グラシア店」が9月20日午前10時 バルセロナにオープン

グループ企業ニュース

最終更新日: 2017.09.20

スペイン初の店舗「ユニクロ パッセージ・デ・グラシア店」が9月20日午前10時 バルセロナにオープン

株式会社ユニクロ
to English page

ユニクロは、スペイン初の店舗「ユニクロ パッセージ・デ・グラシア店」を9月20日午前10時(現地時間)、バルセロナにオープンします。ユニクロ パッセージ・デ・グラシア店は、バルセロナ中心部の目抜き通りグラシア通りに立地し、20世紀初頭に建設された歴史的な建物の地下1階地上3階の4層を占める、売場面積1,730m2の店舗です。この建物の歴史的な構造や装飾と、ユニクロの店舗に特徴的なデザイン要素を組み合わせ、ユニクロLifeWearの最新のショーケースとして生まれ変わらせました。また、店内では、バルセロナと東京のつながりをさまざまな形で表現しています。

株式会社ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長 柳井正のコメント:
「このたび初のユニクロ店舗をスペイン バルセロナにオープンできることを非常にうれしく、また光栄に思います。バルセロナのこの店舗は、スペインにおける最初の一歩です。ユニクロならではの買い物体験と、商品、カスタマーサービスをお客様にお届けし、今後スペイン主要都市への出店を目指していきます。また、11月9日にはスペイン2号店を同じくバルセロナにオープンする予定です。」

1階から3階まで3フロアに渡る吹き抜けの上部は、建物の建造当時のステンドグラス窓で飾られ、大きなシャンデリアとともに、この店舗を象徴する一角となっています。また、この吹き抜けに沿って2階へと続く螺旋階段の壁面には、5m x 9mの大型LEDスクリーンを設置。"Stairway to Tokyo"(トーキョーへの階段)をコンセプトとして、東京のさまざまな場所の日常を切り取ったオリジナルムービーを投影し、店舗を訪れるお客様に、ユニクロブランドのアイデンティティの一部である東京の"今"をご紹介します。
一方、1階と地下1階をつなぐ階段には、バルセロナの日常の風景をオリジナルの壁画に映し出しました。MACBA(バルセロナ現代美術館)の前でスケートボードを楽しむ人や、公共の自転車シェリングサービスBicingを利用する人など、バルセロナに暮らす人々にとって馴染み深い光景が壁面を彩ります。
また、2階のウィメンズフロアの一角では、復元された装飾天井と窓際に並んだガラスタンクの中で回転するマネキンがユニクロの店舗ならではのコントラストを演出しています。3階には、ヨーロッパの店舗としては初となるUTの専用コーナーを設けました。

ユニクロ パッセージ・デ・グラシア店では、LifeWearコンセプトにもとづくメンズおよびウィメンズ商品を幅広く展開します。また、英国ブランドJW ANDERSONとの待望のコラボレーションライン UNIQLO and JW ANDERSONを9月20日のオープン当日から発売するとともに、世界的ファッションアイコン イネス・ド・ラ・フレサンジュ氏とのスペシャルコラボレーションラインも展開します。 これらの商品は、同店舗のオープンに先行してオープンしたユニクロ スペインのオンラインストアで、スペイン全土のお客様に購入いただけます。

また、オープンに合わせて、ユニクロのLifeWearコンセプトを体現する8人のローカルブランドアンバサダーを起用したブランド広告キャンペーンを展開。「Essentials for Life」をコンセプトに、サッカーFCバルセロナの元キャプテン カルレス・プジョル氏ら個性的な8名を通じて、バルセロナの街と人々の個性やスタイルに溶け込むLifeWearの多様性を表現しています。

さらに、バルセロナの街の伝統と美意識へのオマージュとして、店舗が立地するアシャンプラ地区の歩道に敷き詰められた象徴的な花模様のストリートタイル"panot de flor"と、ユニクロロゴを組み合わせたオリジナルロゴを作成しました。モダニズムの建築家ジュゼップ・プッチ・イ・カダファルクによってデザインされたタイルの優れたデザインとバルセロナの伝統への敬意として、このオリジナルロゴをユニクロ パッセージ・デ・グラシア店の随所に配するとともに、オープン期間中の買い物袋にも採用しています。

ユニクロは、この店舗を通じて、スペインのお客様にLifeWaerを発信していきます。

 

ページトップへ