HOME > グループ企業 > グループ企業ニュース > 「第30回日経ニューオフィス賞」で、有明本部UNIQLO CITY TOKYOが「ニューオフィス推進賞/経済産業大臣賞」の受賞決定

グループ企業ニュース

最終更新日: 2017.08.04

「第30回日経ニューオフィス賞」で、有明本部UNIQLO CITY TOKYOが「ニューオフィス推進賞/経済産業大臣賞」の受賞決定

株式会社ファーストリテイリング
to English page

株式会社ファーストリテイリングの有明本部UNIQLO CITY TOKYO(所在地:東京都江東区有明1-6-7)が、日本経済新聞社と一般社団法人ニューオフィス推進協会が主催する「第30回日経ニューオフィス賞」の「ニューオフィス推進賞/経済産業大臣賞」を受賞することになりました。

「日経ニューオフィス賞」は、「ニューオフィス」づくりの普及・促進を図ることを目的とし、創意と工夫をこらしたオフィスを表彰するもので、1988年から日本経済新聞社と一般社団法人ニューオフィス推進協会の主催で、経済産業省と日本商工会議所後援のもと開催されています。
30回目となる今回は、応募総数129件の中から、16のオフィスが「ニューオフィス推進賞」に選出され、UNIQLO CITY TOKYOは、その中でも最高の賞である「経済産業大臣賞」を受賞することが決定しました。表彰式は8月29日、東京・大手町の経団連会館で行われます。

UNIQLO CITY TOKYOは2017年2月に完成し、現在はユニクロ事業に関わる全部署の社員約1,100名が勤務しています。UNIQLO CITY TOKYOのオフィスコンセプトは、創造性とコンカレントワーク(フラットな組織で超高速・同時連動の働き方)の促進です。今後はこれまで以上に社員がクリエイティビティを発揮し、コンカレントワークを実現することで、全社一丸となって目指している情報製造小売業への変革をさらに推し進めてまいります。

 

ページトップへ