ファーストリテイリングについて

社員紹介

お客様が通いたくなる店舗を作っていくために、将来は地域トレーナーになってスタッフを支えたい。

saito

gu
  • 斎藤
  • 2019年4月高校新卒入社

ジーユーは人見知りでも、すぐに馴染める雰囲気がある

ジーユーは中学生の頃からよく利用していたので、身近な存在でした。だから、高校でジーユーの求人票を見つけたときは「絶対に行きたい」と思いました。職場見学会に参加し、その思いを強めました。

私は人見知りな性格なので、職場を選ぶときは雰囲気を重視していました。店舗では、若いスタッフの皆さんが店長や先輩に積極的に話しかけたり、生き生きと仕事をしていて、ジーユーなら、私でもすぐに馴染めそうだと思いました。

また、接客が未経験だったので、何も分からないなりに、気になることをすべて質問したところ、一つひとつ丁寧に答えてもらえましたおかげで、迷うことなくジーユーへの就職を決断できました。

お客様のニーズに応える売場づくりを実現

入社1年目は全体研修と店舗OJTを通じて、一から業務に関する知識や技術を学んでいきました。そのさなか、配属先の店舗に台風が直撃し、半年間の店舗休業を余儀なくされました。その間は別の店舗で勤務することになりましたが、その期間受け入れてくださった店舗のスタッフ皆さんのサポートにより、入社1年目に必要な販売・部下育成のスキルを身に付けられ、順調に昇格を果たすことができました。

2年目には、商品レイアウトの担当を任されました。最初は先輩の力を借りていましたが、次第に自ら周りに指示を出せるようになりました。自分の力で、お客様がほしい商品をすぐに手にとれるようにするのを、大きなやりがいに感じていました。また、自分の考えを反映したレイアウトにした後に売上が好調になり、数値面からもお客様のニーズに応えられていることを実感でき、とても嬉しかったです。

一人の販売員から商売全体を考えられる店長代行者へ成長

今年一つ上の役職に昇進したタイミングで現職の店長代行者を任されるようになりました。今、入っている遅番(営業時間の後半を担当)のシフトでは社員は私一人だけで、周りのスタッフはほぼ全員が学生アルバイトです。

お客様から見れば、正社員であろうとアルバイトであろうと、店舗のスタッフであることには変わりありません。だからこそ、一人ひとりに対してジーユーのスタッフとして正社員と同じくらいの自覚を持ってもらうようにしています。そのために心掛けているのは、やはり「お客様志向」です。スタッフにも同じ考えを持ってもらえるように、指導の際には「自分がお客様の立場だったらどう感じるか」を常に問い掛けるようにしています。

もう1つ意識しているのは、「主体性を持って行動してもらうこと」、つまり店舗で起きていることを自分なりに解釈し、自ら判断をしてもらうことです。そのために各売場での商品の売れ行き・お客様の反応などを担当のアルバイトスタッフにインカムで報告してもらうようにしています。目の前の店舗の状況をどう捉えているかを自分の言葉で伝えることで、自分の意見を持って行動できるようになり、ジーユーの販売員としての自覚を養うことにつながっています。

私がこうしたマネージャーとしての視点を持てるようになったのは、レイアウト担当の経験が大きかったかもしれません。レイアウト担当になってからは、販売計画をもとに売場を作っていくので、売上アップのためにどうすべきかを、常に考える必要がありました。「一人の販売員」から「商売の仕方を考えられる店長代行者」へと成長できたと思います。

店舗や新入社員を支える「地域トレーナー」を目指したい

今年9月から店舗の体制が大きく変わり、私も部下の育成等責任の大きなポジションを任されるようになりました。まずは1年後に昇格を果たすこと。それに向けて、先輩の店長代行者に代わって、売場の陣頭指揮をもっと積極的に行っていきたいと考えています。

最終的には地域トレーナーを目指しています。ジーユーの店長代行者は本当にやりがいのある仕事ですが、うまく行かずに悩んだときもありました。そんなときに、そばにいて支えてくれたのが地域トレーナーだったからです。

一人ひとりがジーユーのスタッフとして自覚を持って、お客様が通いたくなる店舗をつくっていくためには、私たちのような地域正社員が店長代行者に就くことがもっと必要です。そのためにも地域トレーナーになって、店長代行者の育成に深く関わっていきたいと思っています。

PAGE TOP

LIFE at FR

>

社員紹介