ファーストリテイリングについて

Japan [ 日本 ]

社員紹介

迷わず言える。
世界一になりたい、と。

山﨑

ジーユー
  • 日本
  • 山﨑
  • ジーユー
  • 店長
    (現:営業本部 営業1部 営業第3チーム スーパーバイザー)

2011年入社。内定者として、旗艦店の心斎橋店でアルバイトを経験。入社後はイオンモール日の出店に配属。その後、ダイエー市川店で店長を経験し、現職。

就職活動中は、100社近い会社を訪問した。いろいろな社員の話を聞いてまわり、自分が大切にしていることと、会社が大切にしていることが重なるところを探していた。そんなとき、参加したのがファーストリテイリングの説明会。もう、ここしかない。ビビッときた。映像に出てきた「日本発、世界No.1」 の文字。世界一になるという壮大な目標を、ためらいもなく掲げる姿勢に、心がしびれた。「世界一を、本気で達成しようとしていて、すでにそのための行動を起こしている。圧倒されました」

すぐに選考を受け、ユニクロとジーユーの最終面接に残った。ユニクロは組織の構造がしっかりしているけれど、ジーユーはまだ歯車もそろっていない状態。生まれたての赤ちゃんに、砂利道を走らせようとしているようなものだと聞き、「なんて会社!でもゼロからつくるなんて、おもしろそう」 と入社を決意した。この決意が正しかったことを、すぐに知ることとなる。

服のかけ方ひとつ、おろそかにしたくない。

ジーユー初の大型旗艦店、大阪・心斎橋店。この巨大なスケールの店舗で内定者としてアルバイトし、「ジーユー、マジで間違いない」と確信する。「純粋に、楽しかったんです。がんばることを恥ずかしいと思う風潮ってありますよね。でも、ここは一切そんなことを感じさせない雰囲気がありました。『世界一の店を作るんだ』と全員が本気で思っている。世界一になるために、どんな行動をとるべきか真剣に考えている。一つ一つの店舗で『日本発、世界No.1』を実践できるって、すさまじいことだと思います」

一番印象に残っている仕事は「今」。店長として初めて新店のオープンに携わり、今まで見えてなかったことが見えてきた。いかに、周りの人に助けられていたのか。ささいなことが、店づくりにとってどんなに大事なのか。日々、発見の連続。「服をハンガーにかける行為ひとつとっても、ジーユーで働く人にとって当たり前のことが、新しいスタッフにはできない。一つ一つ、どういう基準で、なぜやるのかを、店長の私が説明しないと」 ルールを決めて、それを守ってもらうのは簡単だ。しかし、それでは自発的な行動につながらない。遠回りに見えても、ジーユーとして必要なマインドを、わかってもらえるまで話し続ける。それはすべて、世界一の店舗をつくるため。

ジーユーに集まる全員を幸せにする。
お客様も、スタッフも。

大事にしている信念がある。「自分と関わる人は、みんな幸せになってほしい」 今、ジーユーの店舗を通して、それを実現したいと思っている。スタッフには、いつも「みんなに幸せになってほしいから、こういう人材になってほしい。もっと自分を信じられる人になってほしい」 と伝えていた。オープン当日の朝礼で、あらためてその話をした。すると、何人かのスタッフの目から涙がこぼれた。焼津店のチームが生まれた瞬間だった。

これから先のキャリアは、まだ決めていない。本部の仕事もしてみたい。結婚もしたい。興味があるのは人材育成の部署。「自分が一番貢献できる部署なんじゃないかと思うんです」 入社を考えている人には「自分の可能性に、かけてみませんか」 と伝えたい。自分を思ってもみないレベルに引き上げてくれたジーユー。絶対に今まで経験したことのない、めまぐるしくも楽しい日々が待っていると、断言できるから。

PAGE TOP

LIFE at FR

>

社員紹介