ファーストリテイリングについて

社員紹介

しっかり教育してくれて、 自分の思うように接客できる。 私が考えたコーデでお客様に 感動してもらえるのがうれしい。

日本

平山

プラステ

プラステ

地域正社員・2018年入社

美容部員からの転職。プラステなら
自分のやりたい接客ができると感じた。

プラステに転職する前は、有名化粧品メーカーで美容部員をしていました。もともと私はいろんな人と会って話をすることが好きで、学生時代も飲食店などでずっと接客のアルバイト。就職にあたっては販売職を志望し、美容に興味があったのでその化粧品メーカーに入社したのですが、実際に店舗に立ってみると、化粧品の販売はお客様へのトークの内容がきっちり決められていて、私がやりたい接客とは違っていました。接客に工夫をする余地がなく窮屈に感じるようになって……それで転職を考えるようになり、アパレルの販売のほうが面白そうだと興味を持ったのがプラステでした。プラステは幅広い年齢層に支持されているブランドで、自分が何歳になったとしても、私自身もブランドのファンのひとりとして接客ができる。長く仕事を続けていく上で、これは魅力的だなと。そして販売の仕事をするからには、自分の色を出した接客でお客様に「平山さんだからいい買い物ができた」と喜んでもらいたい。プラステならそれがかなうと感じて入社を決めました。
最初に配属されたのは、千葉県内の百貨店の店舗。アパレル未経験だったので最初は不安でしたが、プラステは新人を育てるのに熱心な会社で、接客に必要な知識を自分から吸収できる環境が整えられているので、すぐに不安はなくなりました。たとえば店舗に導入されているiPadで、商品の素材の特徴や昨シーズンからアップデートされたポイントなどを簡単に調べることができますし、他の店舗での接客の成功事例なども共有されています。営業中も勉強時間を店長がきちんと設けてくれるなどの配慮もあるので、すぐになじむことが出来ました。努力するとそれだけ数字もついてくるので、やる気がどんどん湧いてきました。

プラステの販売は自分のセンスが発揮できる。
だから面白いし、ずっと極めていきたい。

プラステには「セールスコンシェルジュ(SC)」という販売のスペシャリストの社員がいらっしゃいます。新人のトレーナーも務められているのですが、私も入社当初SCの先輩の方にお客様へのお声がけから商品の提案の仕方まで、丁寧に教えていただきました。その方はお客様へのコーディネートの提案がとても上手で、間近で見ていて参考になることばかり。プラステは他のブランドと比べて、ニットやパンツのサイズ展開やカラーバリエーションが豊富なのが大きな特長ですが、お客様の雰囲気に合わせてどんな組み合わせをご提案するのかで、販売スタッフのセンスが問われます。私が考えて提案したコーデでお客様に「こんな組み合わせもあるんですね!」と感動してもらえると本当にうれしい。そうした成功体験を重ねていくうちに、私を目当てに来店されるお客様も増えていきました。2年目の半ば、私は近隣のショッピングモール内の店舗に異動になったのですが、前の店舗の常連のお客様が「やっぱりあなたから買いたいわ」と、ご来店してくださって、その時はとても感激しました。そうした「私のお客様」をひとりでも増やしていくことが、いまの私の目標です。
こちらの店舗に移ってからは、新人の育成も任されるようになりました。相変わらず、新人時代からお世話になっているSCが私の先生で、今度は接客の教え方についてアドバイスをいただいています。将来は店長を目指す道もありますが、私はやはり店頭で接客することが好きなので、その人のようなSCになりたい。自分のやりたいことに合わせてキャリアアップできるのもプラステの魅力であり、ここで長く働き続けたいと思っています。

記事一覧へ戻る

他の記事も読む

PAGE TOP

LIFE at FR

>

社員紹介