ファーストリテイリングについて

社員紹介

システムは経営のため。作って終わりじゃない。先端技術を使って、自分も会社も世界で通用する存在になりたい。

日本

ユニクロ

ユニクロ

デジタル業務改革サービス部

「システムは経営のため。作って終わりじゃない。先端技術を使って、自分も会社も世界で通用する存在になりたい。」
ファーストリテイリング入社後、アプリ開発からインフラ基盤へ挑戦していく楊の挑戦。

現在の仕事について

現在はデジタル業務改革サービス部にて、SRE(Site Reliability Engineering)といわれる業務のうち、コンシューマ系の基盤構築を行っています。各ブランドのECサイトが安定稼動するような取り組みを行っています。

転職のきっかけ:グローバル展開が早い会社で、システムを作って終わりじゃないところがよかった。

前職はSIerで、金融や流通・SCM(supply chain management)などを担当していました。それも非常にやりがいがありましたが、当時はSCMに非常に興味があり、「システムを作って終わり」ではなく、SCMの全体の流れを知りたいと思いファーストリテイリングに転職しました。当時のファーストリテイリングはグローバル展開が速く、SCMの内製化を進めていたタイミングだったので、製造から販売までを一貫して行っている企業のSCMの内製化に非常に興味があったのです。社外のパートナー企業や、工場、物流会社との調整をしながら内製化を進めていくことはやりがいがありました。SCM内製化に目処が立ち、次はRFIDの展開。国内外のRFID展開へ取り組み、現在はインフラチームでSREを担当しています。

「システムは経営のため」。考えが変わり、見る目が変わりました。

ファーストリテイリングでは皆が経営者として物事を考える文化があります。月並みかもしれませんが、SIerから転職して、考え方が変わりました。システムは業務を行うためにあり、業務は商売を、ひいては経営を行うためにあります。業務を行う人よりも業務を深く理解し、システム開発をしていかないといけません。SIerの頃には要望どおりにシステムを作ることに重きを置いてましたが、現在は使い方や時間効率の改善など、使用する人たちの働き方まで考えながら設計をすることに楽しさを感じています。私が携わった店舗の業務システムが国内外のスタッフの皆さんにとって使いやすいか、導入後も店舗に出向いて、確認しています。自分が考え、構築したものが結果として目に見える。この感覚は今まででは味わえなかった感覚ですね。

記事一覧へ戻る

他の記事も読む

PAGE TOP

LIFE at FR

>

社員紹介