ファーストリテイリングについて

社員紹介

たくさんの人のサポートやつながりを通じて 安心して成長できる。

日本

田村

ジーユー

ジーユー

2018年高校新卒入社

「接客が向いている」という先生の助言で、ジーユーに。

元々工場で一つの作業を黙々と取り組むような仕事をしようと思っていましたが、私の性格や特性を知っている先生に相談すると、「あなたは接客のほうが向いている」と親身になってアドバイスをしてくれました。それからは、自分の強みが活かせる職種や業界を探し始めたんです。

探していくうちに、仕事をしながらおしゃれになれる、そんなイメージのあったアパレルの仕事に興味がわきました。その中で、ジーユーを見つけたんです。ジーユーは、トレンドのファッションなどをいち早く取り入れていて、よく利用していましたし、当時から魅力的なブランドでした。

面接では、話しやすい雰囲気をつくってもらった

面接については、正直自信がありませんでした。学校で繰り返し、面接の練習を行っていたので、シミュレーションは完璧だったのですが、はじめから想定通りにいかなくて、途中で頭が真っ白になりました。

それでも救われたのが、面接を行ってくれた人事担当の方が、とてもフランクに話してくれたので、後半は比較的落ち着いて話せたように思います。高校時代に力を入れていたバトミントン部の活動のことや、好きな教科である英語のことなどを話しました。 面接を経験して感じるのは、事前に面接を練習するのは不可欠ですが、そのやり方にしばられすぎないようにすることも大切だということです。

母親も納得した!ジーユーの待遇や休日休暇。

実は、私も親もジーユーについては、ユニクロと同じグループ会社というぐらいの認識しかもっていなかったのです。入社して、会社パンフレットなどを見ると、給与以外にも必ず賞与(年2回)があったり、週2日以外にもまとまった休みがとれたりして、待遇や休日休暇などが充実していました。

母親からも「本当にいい会社に就職できたやん。おめでとう!」と喜んでもらえました。勤務中は休憩をとる、シフトの休日も確保する、これをしっかりとらないと、店長に「ちゃんと休んでね」と、叱られます(笑)。形だけではなくて、本当に現場でもそのルールが守られていて、会社としてもしっかりしているなと常に感じます。

上司や先輩のアドバイスを自分のものにしていく。

現在はお客様に話しかけられたときは、上司や先輩に頼ることなく、自分の力で、お客様の要望に最大限に応えられるように取り組んでいます。
「この商品ありますか?」と尋ねられても、中には、在庫切れの商品があります。そのようなときでも、在庫状況をお伝えするだけではなく、プラスαの提案を行うようにしています。ご要望の商品の、どこを気に入っていらっしゃったのか。柄なのか、長さなのか、素材なのかを具体的に聞いて、お客様とやりとりしながら、そのニーズに合致した別の商品をご提案してみる。

実際、素材の異なる3つの商品を提案して、すべてをご購入いただいたこともあります。そのときは本当に嬉しかったですね。でも最初の頃は、お客様に声をかけられてもわからなくて、すぐに店長を呼んでいました。それから、店長や先輩が接客しているのを見て、トークを覚えたり、アドバイスをもらったりして、自分1人で対応できるようになってきました。

店舗を越えて、たくさんの人たちとのつながりができる。

ジーユーは所属する自分の店舗のみなさんだけではなく、他店のみなさんも優しくて、とても仲がいいです。少し前に参加した北陸エリアのミーティングでは、エリアの店長やスタッフが集まって店舗の現状を報告しあいました。ある店長から「店舗の売上が伸び悩んでいる」という話がでたときは、他店の店長がすぐに手を挙げ、売上を伸ばすためのさまざまな施策をアドバイス。まるで、同じ店舗にいるスタッフ同士のやりとりを見ているようでした。私も早く、こんなふうに他店の人たちとも対等に話し合いができる人材になりたいなと強く思いました。
ミーティングが終わってからは、懇親会があり、他店の店長にも挨拶。「困ったことがあればすぐに相談してね」と連絡先を交換しました。こうして店舗の枠を越えたネットワークが生まれるのも魅力だと思います。

店長がチャレンジノートで毎日アドバイスしてくれる。

私たち新入社員の目標は、1年で次のグレードに昇格すること。そうなるためには、その業務を人に教えられるぐらいまでしっかりと習得しないといけません。それが早く達成できるように、店長や先輩たちが毎日サポートしてくれます。たとえば、今日一日、どんな目標を立てて、どんな業務を行い、成果はどうだったかをチャレンジノート※にまとめ、それに対して店長が、毎日コメントしてくれます。

このアドバイスのおかげで、毎日目標を意識して、仕事をするようになりました。それによって、接客なども自分で考え挑戦するようになり、成長も実感しています。
今後の目標は店長。一日も早く目標に近づけるように日々精進していきたいと思います。

チャレンジノートとは:
目標、育成計画、店舗の売上目標・結果、様々なことへの気づき等を新入社員が日々記入するノート。
先輩社員、店長がアドバイスやフィードバックを行います。

記事一覧へ戻る

他の記事も読む

PAGE TOP

LIFE at FR

>

社員紹介