ファーストリテイリングについて

Japan [ 日本 ]

事業紹介

ファーストリテイリングの事業

ファーストリテイリングは、ユニクロ、ジーユー、セオリー、プラステ、ヘルムートラング、コントワー・デ・コトニエ、プリンセス タム・タム、J Brandという8つのブランドを展開する、日本発のアパレルグループです。なかでも主力のユニクロは、服の企画・生産・物流・販売を一貫して行うSPA(アパレル製造小売業)として世界有数のアパレルブランドとなっています。

われわれの事業は、服のビジネスと服を通した社会貢献活動で成り立っています。「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」という企業ステートメントに基づき、本当に良い服、今までにない新しい価値を持つ服を創造し、世界中のあらゆる人々の暮らしの充実に貢献することを目指しています。

ユニクロは1984年に日本の広島に1号店をオープンし、その後1998年のフリースキャンペーンを発端にユニクロブームを巻き起こし、一気に日本全国にその名が知れ渡りました。2001年には、英国ロンドンに海外1号店をオープン。これを海外進出の第一歩とし、本格的に海外への展開を開始しました。現在では合計18の国と地域で展開しています。

ファーストリテイリングはいま、新しいグローバル企業として2020年度に売上高3兆円をめざし、世界No.1のアパレル企業になるという目標を掲げ急成長をしています。ニューヨーク発のセオリー、フランス発のコントワー・デ・コトニエなど海外のブランドを傘下に入れ、ブランドポートフォリオの拡大を図ってきました。現在では日本発のジーユーもユニクロ同様、SPAのビジネスモデルで競争力の高いブランドに育っており、2008年9月からわずか5年で海外進出を成し遂げました。そして現在、従業員数は全世界で約10万人となっています。

世界中から集まった優秀な人材が、ファーストリテイリングの価値観、原理原則を共有し、売上高3兆円という目標に向かう。また、それぞれの課題にあわせてグローバルとローカルを柔軟に使い分けながら活動をする。そのようなグローバルワン・全員経営を実現したいと考えています。それぞれのブランドがグローバルブランドとして成長するとともに、企業としてのファーストリテイリングも世界中の人々に信頼される企業ブランドに飛躍したいと考えています。

※グローバルワンとは・・・世界中で一番良い方法をもって経営するという意味です。
※全員経営とは・・・全社員が、経営者の視点で経営するという意味です。

2016年12月現在

ファーストリテイリングの売上高とマイルストーン

ファーストリテイリングの売上高とマイルストーン

注: 2002年度から連結ベースのデータを記載しています。
2014年度から国際会計基準(IFRS)ベースのデータを記載しています。

世界の主なSPA(アパレル製造小売)企業との比較

世界の主なSPA(アパレル製造小売)企業との比較

注: 各社のアニュアルレポートより作成。2016年8月末時点の為替レートで算出($1+¥103.2)
SPA:Specialty store retailer of Private label Apparelの略語で、素材調達・企画・開発・製造・物流・販売・在庫管理など、製造から販売までのすべての過程を一貫して行うアパレル製造小売業

PAGE TOP

LIFE at FR

>

事業紹介