Japan [ 日本 ]

Gグローバルリーダー社員
働く環境

グローバルリーダー社員働く環境

給与・待遇

給与・待遇の考え方

完全実力主義です。それは会社の都合ではなく、人間が成長する道具。私たちは、どこまで人間をフェアに評価できるかを考えています。いい仕事をした人が、もっと大きな仕事を任せられる会社でありたい。もし世界一いい仕事をしたら、世界一いい報酬をもらってもいいじゃないか。本当にそう思います。会社はどこよりも成長する機会を与え、その機会を使って成長してもらう場なのです。

年収(グレード別)

年収(グレード別)

年収(グレード別)

※タップで拡大表示

すべての企業活動をグローバル水準に変革しようとしています。報酬においても成果に見合ったダイナミックな考え方を導入し、グローバル企業の水準に設定しています。上のグレードにいくほど、使命の達成に向けてコミットメントし、全社的な事業変革リーダーとして成果が求められます。成果によって報酬も変わります。完全実力主義。会社の高い期待にこたえながら、その人が発揮できる実力がグレードです。年齢や社歴は関係ありません。これまでで一番若い役員昇格は29歳でした。個人が人生をかけて取り組む仕事に対して、会社がそれに見合った報酬を設定するのは当然だと考えています。

決算賞与

会社の利益はきちんと社員に還元すること。これが私たちの原則です。年2回の賞与に加えて、年1回の決算賞与があります。一律の一定額ではなく、その時の経営状況に応じて、個人の評価やグレード、所属する事業会社の貢献度によって支給額は決定します。

S1~S3 グレード439,000円~1,108,000円(モデルケース)
S4~E3 グレードストックオプション
(自社株式を購入できる権利)現金換算
483,000円~9,450,000円(モデルケース)

※対象:国内ユニクロ ※各グループ会社も経営状況によって決算賞与があります。

社宅制度と地域手当

店舗 家賃の58~86%会社負担
本部 ①東京:月10万円 ②山口:月5万円 ③その他地域:個別対応

※実力に応じた報酬体制を原則にしているため、社宅・地域以外の生活補助的な手当は基本的にありません
※グレードと地域に応じて変更あり

インタビューを見る

月間平均残業時間

20.9h

※国内ファーストリテイリンググループ正社員の一カ月平均残業時間
(期間:2014年9月~2015年8月)

全社的に残業を削減しています。東京本部では、一部の部署や住まいが遠い社員を除き、就業時間を7時〜16時にしました。グローバル化に対応できるように、英語に限らず、社員がスキルアップできる時間を作ってもらいたいと考えています。

年間休日数

120

※全社員が取得可能な休日数
(完全週休2日+特別休暇16日)

有給休暇取得率

46.3%

(期間:2014年9月~2015年8月)

店舗・本部ともに完全週休2日。曜日は各部署により異なります。自分の好きな日に取得できる特別休暇が年間16日(半年に8日ずつ)あります。また、有給休暇に関しても今後さらに取得できるよう取り組んでいます。

育休取得人数

正社員嘱託・契約社員など
2015243454

※国内ファーストリテイリンググループ全体

短時間勤務人数(短時間勤務6時間~7時間30分)

正社員嘱託・契約社員など
201529523

※国内ファーストリテイリンググループ全体

女性活躍推進室 ~ひとりひとりが輝ける会社に~

ファーストリテイリングは、社員が活き活きと働くと同時にいろいろな人生プランを選択できる会社でありたい。
特に女性は「仕事したい。でも、出産も育児もしたい」と悩みがちなのが日本の現状です。
仕事も出産も育児も全て前向きに頑張る。私たち(ファーストリテイリング)はそれを全力でサポートします。

一人ひとりが輝き、男女関係なく誰もが活躍できる会社であるよう「女性活躍推進室」を立ち上げ、具体的な取り組みを進めています。
例えば、「Women'sダイレクトミーティング」
国内ユニクロ事業の300名を超える女性店長と経営陣、外部有識者を含めた対話集会を開催しています。
経営陣が会社方針や女性店長たちへの期待を直接伝えると同時に、女性店長たちから現場の生の声を経営陣に届け、本当に何をすべきなのか共に考える場となっています。
子育てをしながら働く上で何が必要かを議論し、そこであがった声より新しい制度が近く始まります。

インタビューを見る

介護との両立も支援

家族の介護を抱える社員のために、介護が必要な家族1人につき、通算1年間の介護休業と短時間勤務制度を用意しています。

ウェルネスセンター

全従業員が“「こころ」も「からだ」も健康で幸せな状態”(Wellness)で活き活きと働けるよう、産業医と専門カウンセラーが連携したケアセンターがあります。

海外赴任について

45619の国・地域日本から海外に赴任している社員数は、入社2年目からベテランまで、出展国や生産拠点に456人(19の国・地域)。日々増えています。会社として赴任前の語学研修や、現地での住居、家族の学校など、全面的にサポートしています。
※2015年12月末現在

PAGE TOP