Japan [ 日本 ]

Gグローバルリーダー社員
キャリア・教育

グローバルリーダー社員 キャリア・教育

キャリアパス

「グローバルリーダー」としてのキャリアパス

入社後、まずは国内のユニクロ店舗にて経営・商売の原則原理を体得して頂きます。

それぞれの希望と実力を考慮し、店舗経験後、より大きな裁量をもつ、店長やスーパースター店長、自らユニクロのオーナーになるFCオーナーになること、複数の店舗や地域の経営責任を担うスーパーバイザーや、ブロックリーダーになること、現場で学んだことを活かし、強力に店舗をサポートする本部で活躍することなど、自分の志向と自分に対する期待にあわせて多様なキャリアを描くことができます。

いずれのポジションにおいても「グローバルリーダー」としての強い志と行動が求められることには、違いありません。

「グローバルリーダー」としてのキャリアパス

「グローバルリーダー」としてのキャリアパス

※タップで拡大表示

キャリアチャレンジプログラム
自己申告制度

キャリアは与えられるものではなく、自ら開発していってほしい。それをサポートするのがキャリアチャレンジプログラム(社内公募制度)です。自己申告制度は継続的なキャリア形成のための制度です。キャリアチャレンジプログラム、自己申告制度は半期に1回実施。海外やグループ企業へ。店舗から本部、本部から店舗へ。多様なチャレンジが可能です。やりたいことに手をあげる。それが基本です。

教育研修

社内研修制度

新入社員研修 入社後半年間の間、4回実施。
店長になるための基礎を学ぶ研修。
新人店長研修 新人店長を対象に、店長としての期待役割を学び、
店長の業務内容を学ぶ研修。
新人SV研修 SV(スーパーバイザー)としての期待役割を学び、
SVの業務内容を学ぶ研修。
語学研修・異文化研修 海外に赴任する前に、語学や異文化を学ぶプログラム。
販売計画研修・売場塾・在庫塾 より精度の高い計画を立案するために、
店長を対象に実施。

私たちの人材育成はグローバル化やグループの観点から、ユニクロだけでなく、他のブランドにも展開し、FRMICと連携しながら経営者育成のスピードを加速させています。ファーストリテイリングが推進している“グローバルワン”だけでなく、“オンリーワン”な人材育成体制を目指しています。

新入社員研修イメージ

新入社員研修イメージ

入社後半年間の集合研修や店長とのマンツーマン教育によるOJTを通して店長になるための基礎を学んでいきます。集合研修では同期入社の仲間が集まり、一緒にスキルアップに励んだり、お互いの近況や悩みも共有できます。また、配属店舗では、新入社員の育成が店長の重要なミッションになっています。充実したプログラムですが、「教わる」ではなく、「自分で実践する」という姿勢をもつことで、成長を確実なものにできます。

(※UMCとは?…Uniqlo Manager Candidateの略。ユニクロの新入社員はUMCと呼ばれます。)

評価制度

ユニクロは、評価基準をキャリアごとに細かく明確にしています。
目標と達成度が明瞭になることで、評価は、個々人の成長を促すための教育であると考えているからです。

評価制度4つのポイント

01 
期間は3ヶ月間
日頃の業務に対しての上司からの評価・フィードバックを、3ヶ月ごとに実施します。
02 
個々人に応じた目標設定
自分自身と上司で話し合い、個々人のレベルにあった目標を設定します。
03 
評価基準は達成度+α
達成度だけをみるのではなく、その「過程」も評価します。
04 
評価サイクルを通じた人材育成
評価サイクル(目標設定→実行→評価)における上司の適切な関与が、部下の育成に結びつきます。

経営者育成(FRMIC)

FRMICとは「ファーストリテイリングマネージメント&イノベーションセンター」の頭文字です。目標は、経営者を200人育成すること。世界No.1のアパレル企業グループに成長していくために、実際に必要な人数です。ここでは、全世界から抜擢された社員が、未来のファーストリテイリングの姿を描いて熱い議論を交わしています。

インタビューを見る

FRコンベンション

ファーストリテイリングではさまざまな成長機会を設け、教育に投資しています。FRコンベンションは半年に1度(3月・9月)、全国の店長、本部社員をはじめ、世界各国、各ブランドの経営陣など3000人以上が集合。講演やディスカッションを行い、経営者育成やブランド強化を図っています。世界有数のグローバル企業のCEOと柳井社長の対談や、新事業戦略の重要発表など、毎回充実したプログラムです。

FRコンベンション

FRコンベンション

PAGE TOP