Japan [ 日本 ]

Gグローバルリーダー社員
キャリア・教育

グローバルリーダー社員 キャリア・教育

ジーユーのキャリア・育成の考え方

ジーユーでは、さまざまなキャリアアップの仕組みがあります。しかし、キャリアは会社が用意するものではありません。自分が主体的になって、自分で成長し、身につけるもの。
人生のハンドルを握るのは自分自身。そんな考えをもち、挑戦し、成長しようとする人であれば、若くても、何歳になっても、大いに成長できる会社です。
求めているのは、これからのジーユーをつくる経営者。事業を全員でゼロからつくり、ワンチームで、全員が最終責任者になれる環境がここにあります。

キャリアパス

入社後、まずは国内のジーユー店舗の経営者である「店長」を目指します。店舗は1つの企業体です。売上利益、顧客満足、マーケティング、採用、教育など、経営の根幹を経験しながら、経営者としての成長していくことができます。

それぞれの希望と実力を考慮し、店長経験後は、より大きな裁量と収入を得られる「スーパースター店長(SS店長)」、複数の店舗や地域の経営責任を担う「スーパーバイザー」や「ブロックリーダー」、現場で学んだことを生かし、強力に店舗をサポートする「本部スタッフ」で活躍するなど、自分の志向と自分に対する期待に併せて多様なキャリアを描くことができます。いずれのポジションにおいても「グローバルリーダー」としての将来に大きな可能性をもちながら、世界に通用する実力を身につけていきます。

キャリアパス

キャリアパス

※タップで拡大表示

キャリアチャレンジプログラム
自己申告制度

キャリアは与えられるものではなく、自ら開発していってほしい。それをサポートするのがキャリアチャレンジプログラム(社内公募制度)です。また自己申告制度は継続的に自身のキャリアについて考え、希望する将来のキャリアイメージを会社に申告する制度です。キャリアチャレンジプログラム、自己申告制度は半期に1回実施。海外やグループ企業へ。店舗から本部、本部から店舗へ。多様なチャレンジが可能です。やりたいことに手をあげる。それが基本です。

グローバルキャリア

ジーユーが真のグローバルブランドになるための挑戦はまだ始まったばかりです。ジーユーでの海外進出に順番待ちはありません。自分に力をつけ、自ら手を挙げることで誰でも海外へチャレンジすることができます。実際海外初出店の時には、社内公募で立ち上げメンバーを募集。日本で結果を出した入社3年目の女性店長が抜擢されました。海外赴任が決まった場合、語学研修をはじめ会社はバックアップを惜しみません。バックアップの前提はやはり、本人の熱い気持ちがあってこそ。一人ひとりの志をあつめて、一緒に世界一を目指しましょう。

グローバルリーダー社員 キャリア・教育

入社3年目でジーユー中国1号店を任された本多店長(右)

教育研修

新入社員研修

入社後の1年間は、ジーユーで活躍する上で非常に重要な期間。集合研修やOJT(On the Job Training)を通して、自ら能動的に経営者になるための礎を築いていきます。この期間は物理的な時間だけでなく、その後の自己成長スピードに大きく影響する期間だと考えています。ただ「教わる」のではなく、「自ら実践する」「自ら能動的に動いていく」といった姿勢が何よりも大切です。制度や仕組みにただ乗っかるのではなく、自ら行動を起こせた人は、自分や周りが驚くほど成長できます。また同時に同じ志をもった同期の仲間たちと知り合い、信頼関係や人間的な結びつきも生まれます。

入社〜
2ヶ月後
販売店員としての基礎を学ぶ
新入社員研修第1回、第2回
3ヶ月後
店長代理業務の基礎を学ぶ
新入社員研修第3回
6ヶ月後
店長業務の基礎を学ぶ
新入社員研修第4回
1年後
店長業務を実践によって体得する
新入社員研修第5回、6回

その他の研修制度

新入社員研修
(グローバルリーダー)
新入社員(グローバルリーダー)を対象に、
活躍できる人材になる為に必要な力を身に着ける研修。
理念研修 FR/GUの理念や価値観を学ぶための研修。
新人店長研修 新人店長を対象に、
店長としての考え方や仕事の仕方を学ぶ研修。
店長業務スキル研修 店長を対象に、
部下育成など、店長としての必要な力を身に着ける研修。
商売教育 SV、店長を対象に経営に対する考え方、
スキルを学ぶ研修。
新人SV研修 新人SVを対象に、
SVとしての考え方や仕事の仕方を学ぶ研修。

評価制度

ジーユーは、評価基準をキャリアごとに細かく明確にしています。
目標と達成度が明瞭になることで、評価は、個々人の成長を促すための教育であると考えているからです。

評価制度4つのポイント

01 
期間は3ヶ月間
日頃の業務に対しての上司からの評価・フィードバックを、3ヶ月ごとに実施します。
02 
個々人に応じた目標設定
自分自身と上司で話し合い、個々人のレベルにあった目標を設定します。
03 
評価基準は達成度+α
達成度だけをみるのではなく、その「過程」も評価します。
04 
評価サイクルを通じた人材育成
評価サイクル(目標設定→実行→評価)における上司の適切な関与が、部下の育成に結びつきます。

FRコンベンション

ファーストリテイリングではさまざまな成長機会を設け、教育に投資しています。FRコンベンションは半年に1度(3月・9月)、全国の店長、本部社員をはじめ、世界各国、各ブランドの経営陣など4000人以上が集合。講演やディスカッションを行い、経営者育成やブランド強化を図っています。世界有数のグローバル企業のCEOと柳井社長の対談や、新事業戦略の重要発表など、毎回充実したプログラムです。

FRコンベンション

FRコンベンション

PAGE TOP