補足機能


ワークキャップ (work cap)

ワークキャップ

ワークキャップとは「作業帽」という意味で、ツバが短く、かぶりが浅いデザインが特徴です。1920年代ごろに米国でレイルロード・キャップ(鉄道員の作業用帽子)が誕生したのがルーツです。当時はデニムヒッコリーストライプなどの生地が多く使われていました。