Japan [ 日本 ]

スタッフ紹介

あっという間の7年間でした。

ユニクロ ヨドバシ吉祥寺店 準社員 
曽我部 一美

2007年、アルバイトとしてユニクロで働きはじめる。その後、準社員となる。
2011年からCSリーダーとしてスタッフの教育育成を担当。2児の母。現在は、地域正社員として活躍中。

ユニクロで働きはじめたきっかけは何ですか?

結婚した当初は、昼間は本屋さん、夜は塾講師のアルバイトをしていましたが、出産をきっかけに辞めました。子どもが2人とも小学校に入学して時間ができたので「そろそろ働いてみようかな」と考えていたところ、近所に新規オープンするユニクロがスタッフを募集していて。軽い気持ちで面接を受けてみたのがきっかけです。

スタッフイメージ01

面接ではどんな印象を持ちましたか?

店長が面接をしてくれて、人柄まできちんと見てくれました。聞かれるのは、シフトや勤務条件くらいかなと思っていたのですが、今までどんな仕事をしてきたのか?仕事に何を求めているのか?どんなことを大切にしてきたのか?など、私という人間について深く知ろうとしてくれました。でも、店長はとてもフランクで「私に合ってそう」と思って働くことを決めました。

実際に働いてみて、どんなことを感じましたか?

覚えることがとても多くて、本当について行けるのかな?と最初は不安でした。でも、実際に働いてみると、次から次へと仕事が舞い込んでくるので、時間が経つのがあっという間。不安を感じるヒマもないくらい。その分、充実感を感じました。
仕事内容は、難しいことを求められるというよりは、挨拶や掃除など、当たり前のことをどれだけきちんとできるかどうか。「当たり前」のレベルを上げることが、お客様にとって居心地がよく、気持ちよくお買い物できる店舗づくりになることを学びました。

アイテムイメージ01

入社して7年。現在はどんな仕事を任されていますか?

CSリーダーを任されています。CSは「Customer satisfaction」= 顧客満足のこと。お客様に満足いただける店舗をつくるために、スタッフの育成と教育を担当しています。いつもメンバーの皆に伝えていることは、「自分の都合ではなく、お客様の都合を考えて仕事をしよう」ということ。お客様のための売場づくりを全員で目指しています。

スタッフイメージ02

CSリーダーの仕事のやりがいは何ですか?

メンバーの成長を喜べることですね。メンバーはそれぞれ、性格も得意不得意もちがいます。だから、一人ひとりに合わせて教え方を変えないといけません。最初からできる器用な子には、うるさく言わずに「期待してるよ」とだけ伝えます。不器用な子には「今の笑顔よかったよ!」とか「さっきの接客、お客様想いだったね」と、いい仕事の基準を一つひとつ学んでいけるように声をかけています。そうやってメンバーたちが少しずつ成長し、お客様に喜んでいただいている姿を見るのが、すごくうれしい。若いメンバーからは、「お母さんみたい」と慕ってもらっています。

店内写真

ユニクロでの仕事を通じて、何を学びましたか?

結婚して出産した後でも、何歳になっても、向上心を持っていれば成長できるということを学びました。1年半前、CSリーダーを任されたときは正直、何をすればいいか分かりませんでした。皆の前で話したり、教育育成のプランを考えたりと、今までやったことのない仕事ばかり。それでも失敗から学んだり、店長に相談するなかで、少しずつリーダーとしてできることが増えていきました。チャレンジの機会を与えてくれたユニクロに感謝しています。

長く働きつづけられる理由は何ですか?

「1日の仕事が充実していて、あっという間。気づいたら7年働いていた」という感じですね。何となく始めたのに、こんなにものめり込んでいる。本気でぶつかれる仕事が楽しくて楽しくて。もっと働いて、成長したくて、準社員にもなった。自分でも驚いています。5年勤続したときに永年勤続賞をいただきましたが、このまま10年20年と働いてまた受賞したい。きっと何年経っても飽きない仕事だと思います。

アイテムイメージ02

※所属店舗・肩書きは取材当時のものです。

PAGE TOP