ユニクロUNIQLE ユニクロ(UNIQLO)地域正社員
中途採用情報

社員紹介

福田
やればやるほど、
おもしろい!
福田 2015年4月 地域正社員として入社

信頼できたから

前職は飲食店でアルバイトをしていました。同年代も多く楽しかったのですが、サークルの延長のような環境に物足りなさを感じていました。そんな中、もっと成長実感があって、やりがいのある仕事をしたいと考えたときに真っ先に浮かんだのがユニクロでした。もともとユニクロの服が大好きで、いろんな店舗に足を運んでいました。そこで感じたことは、どの店舗に行ってもスタッフの人が楽しそうで雰囲気がよく、幅広い経験ができそうだということ。「ユニクロの仕事はきつい」と言われていたことも知っていましたが、自分の目で見たことを信じていたので、全く不安はなかったですね。

大変なのは最初だけ

実際に働き始めて、想像していた以上に真面目な会社だなと感じています。休みもしっかり取れるので、プライベートは完全オフで、いろんなところに出かけています。友達からは、「あなたが一番充実してるんじゃない!?」と言われることも。確かに、覚えることはたくさんあって、「こんなに覚えるの!?大変だ~」なんて思うこともありますが、それもお客様に喜んでいただきたいからこそ。先輩は「すぐ覚えられるよ」と言うのですが、最初は半信半疑。でもやってみたら本当にすぐ覚えられるんですよ。もちろんうまくいくことばかりではないので、そんなときは周りのサポートをもらいながら。今は自分が教える立場になって、「大変なのは最初だけだよ~」と同じように後輩スタッフを励ましています。

福田

やりたくなる仕組みがあります

今の私の役割は、稼働計画を立てること。月間のシフト、週間のシフト、その日のシフトと種類があるのですが、目標の売上額を取るために、人件費予算を割り振りながら個人の希望や法的な出勤時間の制限はもちろん、一人ひとりの業務能力などを考慮し組み立てます。レジやフィッティングルーム応対などの単純な業務の組み立てだけではなく、スタッフの育成計画や作業計画も関係してくるので、本当に難しい。ユニクロの仕事はすごく計画的で、アルバイトでもやることが明確に割り振られています。目標や計画があって、求められていることが分かると、グッとやる気が出ますよね。
この仕事を任せられるようになって半年経ちますが、今でも日々勉強です。

福田
福田

キャリアプランに沿って

入社して2年、ここまで少しずつ管理業務を任せていただくようになりましたが、すべて上司と立てた私のキャリア設計に基づいたもの。最初のステップは「周りのスタッフへの模範となる」、「後輩への関わり」でした。それができていると評価してもらえた時に、試験を受けようという話になり、次のステップへ。上司から「これをやってもらおうと思っているんだけど、どうかな?」と新たな役割を任せてもらえることに、期待されていると感じて嬉しくなります。
次の目標はフロアのリーダーになること。今私がすごく頼りにしている店長の次の存在です。全体を見ながら、時に店長の仕事もする立場。ステップアップすれば、また新たな目標が見えてきます。ここには様々なキャリアがあって、上を目指していける。本当にこの会社に入社してよかったと実感しています。

※掲載内容は取材当時の内容です

その他のスタッフを見る

   
Tweet