ファーストリテイリングについて

Japan [ 日本 ]

社員紹介

真のグローバル企業となるために
グローバルとローカルの境を越える

Stephanie

ファーストリテイリング
  • 日本
  • Stephanie
  • ファーストリテイリング
  • デジタル業務改革サービス部
    プロジェクトマネジャー

目指すは真のグローバルワン

大学ではコンピューターサイエンスを専攻し、新卒でフランスのファーストリテイリングへ入社後、業務情報システム部門に配属されました。フランスでは主にユニクロ店舗のITのサポートとして新規店舗のオープンを担当し、ヘッドクオーターのガイドラインに沿ってヨーロッパ全地域に向けたプロジェクトを展開する仕事をしていました。私の入社当時のヨーロッパにおける店舗展開は、フランス発祥ブランドのコントワー・デ・コトニエとプリンセス タム・タムがメインで、まだユニクロがフランスに新規参入したばかりだった為、ユニクロの店舗数は当時は2店舗のみでした。その後フランス在籍中の2年半で19店舗にまで拡大し、圧倒的な出店スピードに追いつく事に苦労しました。特に2014年のドイツへの新規出店の際には一からプロセスを策定し、法律やマーケットが違う中での新店舗の立ち上げは挑戦でした。日本のグローバルヘッドクオーターと密に連携し、店舗チームや出店開発チームをはじめとする国内外の関係者と協力して、無事にオープンの日を迎える事が出来ました。その時に一番の課題となったのは、ヘッドクオーターとローカルとのコミュニケーションでした。ヘッドクオーターとローカルそれぞれがプロジェクトを進行してしまい、一つのチームとして正常に機能していなかった事が原因でした。また、グローバルのやり方をそのままローカルに持ち込んでも成功はしません。国や地域ごとにお客様も商売もニーズも違う中で、一元的に基準を設けるのではなく、地域の特性に合わせたビジネスを展開する重要性を感じました。

この経験を通じて、ヘッドクオーターでの働き方を知ると共に、フランスで働いた経験を生かしてグローバルとローカルのコミュニケーションの改善を実現したいと考え、日本への赴任を決めました。双方での働き方を理解する事で、私たちが目指す真のグローバルワンの実現に貢献できると信じています。私たちの一番のチャレンジは世界中でビジネスを展開する為に、どの国においてもビジネス要件を満たし、適用できるグローバルなシステムを構築する事です。私の使命は、ヘッドクオーターとローカル両方での経験を生かし国ごとに市場も文化もニーズも異なる中で、双方が納得できる仕事の仕方を推進すると共に国境を越えてコミュニケーションを円滑にし、グローバルワンとしてのチームをより強化する事です。

グローバルとローカルを結ぶ架け橋

現在は、Global Solution Deliveryチームに所属し、ヘッドクオーターとローカルの接点となり、国内外の店舗システムのプロジェクトの全体像を把握して俯瞰してみる事で、各国の問題解決やサポートを実施しています。私たちのチームには2つのコアミッションがあります。一つはGovernance and Operationというグローバルの標準を策定し、各国にベストプラクティスを共有及び展開する事です。例えば、店舗で新しい決済方法の導入を実施した国の事例をグローバル全体に共有し、他国に適用する際のサポートをしています。同時に、グローバルのテンプレートを作成する事で各国のシステム事情やビジネスの機能を共有し、各国のオペレーションのサポートも行っています。もう一つは、Global Store Solution Deliveryという、店舗システムにおけるPOSや電子タグ等の様々なプロジェクトをグローバルで導入するプロセスのサポートをしています。国内外を問わず様々なチームとのコミュニケーションを通してグローバルとローカルの境界を無くし、チームを一つにする事に貢献できるポジションにとてもやりがいを感じています。今後もITイノベーションを通して更なる店舗の活性化を目指したいと考えています。

経営者としての意識、プロフェショナルな集団

ファーストリテイリングの特徴は「全員経営」の思想にあります。全員経営とはお客様にとっての付加価値とは何かを徹底的に考えて実行するプロフェショナル集団である事を指します。社員一人一人が経営者として自覚し、責任を持って日々仕事をしています。セルフマネジメントをしながら、経営者としてのマインドをもって判断を下し、主体性を持って働く事ができます。自立したプロフェショナルが集まり、一つの目標に向かって邁進する。だからこそ、私たちは新しい事へ積極的に挑戦し、ビジネスパーソンとして大きく成長する事ができます。また、グローバルにおける赴任や日々の海外メンバーとの協業等、世界中の優秀な人々人達と切磋琢磨しながら仕事ができる事はグローバル企業の醍醐味であり、学ぶ事も大いにあります。

仕事のやりがいを通して輝く女性が増えてほしい

ファーストリテイリングはとてもダイバーシティに富んだ環境です。業務情報システム部でも女性の比率が約3割と高く、管理職として女性社員も多く活躍しています。結婚・出産・育児等のライフイベントが多い中での女性にとってのキャリアの形成は、まだまだ日本においては難しいと感じています。ファーストリテイリングでは、全社的な女性活躍推進の制度や仕組みが機能し始めている事もありますが、会社として社員一人ひとりが良い働き方を考えて提言していく事を推奨しており、誰もがキャリア形成を通して自己実現できるチャンスがあります。女性だからといって家庭か仕事かの選択を迫られる事や、キャリアアップを諦める事はあってはなりません。仕事のやりがいを通してより輝く女性はとても素敵ですし、そういった方が私たちの仲間としてもっと増える事を願っています。

※取材内容は2015年7月時点のものです。

PAGE TOP

LIFE at FR

>

社員紹介