ファーストリテイリングについて

Japan [ 日本 ]

社員紹介

社史に残っちゃいました。

本多

gu
  • 日本
  • 本多
  • ジーユー
  • 店長
    (現:スーパーバイザー)

2011年新卒入社。京王八王子店、川崎ダイス店などを経て、石和店の新店オープンに携わった後、上海へ。

ジーユーの海外1号店の立ち上げは、絶対にやりたい。入社の頃から、周りに話していました。そのチャンスがやってきたのは、2012年12月。上海店立ち上げメンバーの公募を見たんです。熱意は誰にも負ける気はなかった。でも、まだ入社3年目。期待はしていませんでした。当落結果の電話で「無いっていうことで」と言われ、落胆。でも、再確認すると「無いって」は「内定」の聞き間違えだったんです。驚きました。それ以上に、うれしかったですね。立ち上げメンバーには、同期の女性も選ばれていました。上海に出発する前、六本木の居酒屋で「日本のジーユーよりカッコいいって言われたいね。絶対に成功させよう!」と、ふたりで誓い合いました。

2013年4月、上海に到着。待っていたのは、日本では経験したことのない混乱の連続でした。120人の現地スタッフの採用・研修に追われる毎日。店舗工事はずれこみ、かたちになったのはオープンわずか1ヶ月前。しかも、商品も届かない。うまくいかないことだらけで、泣きながら上司に電話したことも。「こんなときこそ、楽しもう。お客様をワクワクドキドキさせよう。自分たちが楽しんでいれば、絶対に相手にも伝わるんだ」。「せっかく上海に来たんだから、挑戦しないともったいない。どんどん失敗しようよ」。そんな言葉に励まされました。そうだ、自分がまず楽しむんだ。こんなチャンスは2度とないかもしれない。自分を奮い立たせました。

9月12日、オープン前の事前内覧会。社長の柚木から「ジーユーで最高のお店をつくってくれてありがとう」と言われ、ラストスパート。最後の1週間でマネキンやショーウィンドウのディスプレイを大幅に変えて、いよいよ9月30日のオープン当日。開店直前、みんなで「加油(ジァヨオ)!」と気合いを入れました。中国語で「頑張ろう!」というかけ声。それでもまだ、誰も来ないんじゃないかという不安もありました。でも、開店と同時にフロアを埋め尽くすほどのお客様が来てくださったんです。次の日にはジーユーの服を着て、もう1回ご来店くださった方も。ジーユーが上海の若者に受け入れられたんだと、ジーンと来ました。ある程度イメージが出来上がっている日本とはちがい、上海では『ジーユー』というブランドをゼロからつくり上げることができます。ジーユーを海外のどこに出店するときも「あのおしゃれなブランドが来るんだ」と楽しみにしてもらえるブランドに成長させていきたいですね。本当の挑戦は、ここからです。

PAGE TOP

LIFE at FR

>

社員紹介