ファーストリテイリングについて

Japan [ 日本 ]

社員紹介

インドネシアを中国に匹敵する
一大生産拠点にしたい。

田上

ユニクロ
  • インドネシア
  • 田上
  • ユニクロ
  • 生産部
    (現:生産MD 上海布帛生産チーム)

国内リビングメーカーを経て2011年入社。
上海の生産事務所にて企画進捗から生産MDを経験後、インドネシア生産事務所へ。

入社を決めた理由は何ですか?

国内リビングメーカーの営業をしていました。前職でも国内外へ商品を製造販売しており、ユニクロの担当窓口だったこともあり、充実していましたが、ユニクロという会社、文化、企業姿勢に触れる機会が多く、当時成長を感じるステージに身を置かない自分に、当時は一種の恥かしさすら感じていました。
「メジャーリーグで仕事したい」というのが入社する前の気持ちでした。グローバル企業として世界一を目指して、まさに世界人材が集まっているユニクロに入って、自分を試したい、自分を極限まで成長させたい、と考えました。

どんな仕事をしていますか?

入社後、上海に赴任。生産部/布帛チームにて企画進捗~生産MDの経験を通してユニクロの生産マンとして基礎を学びました。現在は次世代の大型生産拠点であるインドネシア事務所で、工場担当兼スーパーバイザーとして、生産納期管理~品質管理に至る工場マネージメント全般を行っています。
加えて、新設事務所という事もあり、スタッフの育成も担当しています。「本当に良い服」の最前線に立ち、毎日が挑戦です。その中で、このインドネシア生産拠点を現在の中国に匹敵する一大生産地にすることが大きな目標です。

一番印象的だった仕事を教えてください。

上海時代に、ある商品を緊急追加要請にて作りこんだことです。売上げに合わせて、毎週変化する情報/要望を、瞬時にまとめて、物づくり、デリバリーできる体制を整える必要がありました。多くの関係者を巻き込み、猛スピードでのアウトプットが要求され当時の私には困難でもありましたが、周囲のアドバイスをいただきながら、必死で対応しました。最終的に当初予定より大きな数字で商品化することができ、店舗にも工場にも良い成果がありました。
思い返すと、大きな組織で作業するわけですので、一人が立ち止まったら大勢の関係者、そして商品が行き届かない場合、お客様に迷惑をかかる、ということを肝に銘じていました。何事もそうですが、緊張感、危機感を多く感じられたことが成功した要因だったと思ってます。

仕事をするうえで何を大切にしていますか?

物事の原理原則、人としての一般良識を重要視しています。ユニクロは大きな組織で多くの業務を行っている為、数多くのルール/マニュアルがあり、それに沿って業務が進行してます。業界で一番マニュアルが多いかもしれません。しかし、業務を数多く経験する内に、マニュアル外のこともでてきます。そんな時こそ、原理原則をどれだけ自分の中に持っているか、ということが正しい判断を導き出す唯一の方法と思います。
もともと、ユニクロのマニュアルも原理原則、基本中の基本、当たり前のことからできているので、マニュアルを追うというより(もちろんマニュアルは覚えます)、自分の中で、原理原則、一般良識を高めるようにしています。

ファーストリテイリングの企業としての強みは?

顧客満足を何より最優先に、徹底的に貫いていることが一番の強みだと思います。
そして強みであり、自分がユニクロを誇りに思っていることは、会社自体が常に正しいことの実行にこだわっていることです。小手先ではない、本当に良い服を作り、リスクを持った行動をとり、全員で同じ目標を共有し、社会への責任を認識する、自分の会社を、胸を張って良い会社だ!と自信を持って言えることが嬉しく、強みとも思ってます。

この会社でどんな成長ができますか?

常に競争原理が働いている職場ですし、競争する仲間が多種多彩で多いので、成長するには最適の場所です。具体的には、2つ。”スピード力”、何より世界規模の商売をする事で”数多くの経験”が積めると思います。(一流のピッチャーは、通常以上のスピードボールと場数をだれでも踏んでいると思います)
そこに、個人的に、基本的な能力(スピード)×経験=胆力というものを徹底的に学びたいと思ってます。

将来の夢は何ですか?

アパレル業界の中で、世界中の方に受け入れてもらえる、新しい商品カテゴリーを作ってみたいと思います。原案はあるのですが、今は生産現場を通して可能性を精査中です。

休日や退社後はどんな過ごし方ですか?

ユニクロは、非常にON/OFFがはっきりしております。OFF時間はしっかりとれますので、自分の勉強時間と愛妻への余暇はしっかり確保できます。おかげで、夫婦はいつも円満です。

これから就職する人にメッセージを。

自分の場合、「そこに高い山(世界NO1目指すユニクロ)があるのに、登らないのはおかしいし、成長できる一番のフィールドがあるのに、飛び込まないのは成長から逃げているだけ」と唱えていたら、ユニクロに入ってました。ぜひ、一番可能性がある会社=ユニクロに入っていただきたいです。

PAGE TOP

LIFE at FR

>

社員紹介