ファーストリテイリングについて

Japan [ 日本 ]

社員紹介

「全商品リサイクル活動」を
海外にも、学校にも広げています。

鈴木

ファーストリテイリング
  • 日本
  • 鈴木
  • ファーストリテイリング
  • サステナビリティ部 ソーシャルイノベーションチーム
    (現:FR Management and Innovation Center)

2008年、新卒で入社。広島で店長経験後、社内公募にて2011年4月にCSR部に異動。主に「全商品リサイクル活動」を推進している。

入社を決めた理由は何ですか?

就職活動の際には軸として①世界とつながっているか、②人の役に立つことができるかという2点を考えながら会社を探しました。その時にユニクロの「全商品リサイクル活動」を知り、CSR部で働きたい思い、それがエントリーするきっかけとなりました。また、会社としての大きな可能性に魅力を感じ、自分自身も成長できそうだと感じて、入社を決意しました。

どんな仕事をしていますか?

主な担当は「全商品リサイクル活動」です。日本・海外の店舗で、お客様から着なくなった服を回収し、世界中の難民キャンプなどに寄贈しています。現在では小・中・高・大学など教育機関でも、学生さんと一緒に「全商品リサイクル活動」を行なっています。活動の意義が伝わって「着なくなった服を持ってきます!」「服がなくて困っている人に届けてほしい!」「自分でもできる社会貢献もあるんだとわかった。」などの声を聞くと、とてもやりがいを感じます。
日本と海外、社会人と学生の壁を越えて、社会的意義のある活動を広げていきたいと思っています。

仕事をするうえで何を大切にしていますか?

大切にしていることの1つは『人とのつながり』です。店舗でも本部でも、仕事は何事も1人ではできなくて、いろいろな人が関わっていて、多くの人の協力が必要となります。また、これまで関わってきたみなさんの協力や応援があったからこそ今の私があります。1人でも多くの人と、顔の見える信頼関係を築き、何かする時には協力してもらうことができる深い関係を築くことが大切だと思っています。

この会社でどんな成長ができますか?

いろいろな可能性が広がる会社です。努力次第で、若くてもいろいろなことにチャレンジさせてもらえる機会があります。またその舞台も日本だけでなく海外にも、ユニクロだけでなくさまざまなグループ会社にも、また本部にも多くの部署があります。「ファーストリテイリングだからこそできること」もあり、いろいろな意味で大きな可能性があるところが魅力だと思います。

将来の夢は何ですか?

「世界をよい方向に変えていく」ことです。いまファーストリテイリングの仲間は日本だけでなく世界各地に広がり増加しています。その全員の意識が変わり、そこからお客様だけでなく従業員の家族や友人など周りの人へ伝わり、その輪を広げることができれば、本当に世界を良い方向に変えることができるのではないかと思っています。その可能性にワクワクしています。服を通して世界をよい方向に変えていくこと、それが私の将来の夢です。

これから就職する人にメッセージを。

『何になりたいか』ではなく『何をしたいか』という軸で、職種にとらわれずいろいろな会社を見て就職活動をするのもよいのではないかと思います。これから壁にぶち当たることもあるかもしれませんが、その先にやりたいことがあるなら、諦めずにがんばってください!諦めずに思いを持って目の前のこと1つ1つに一生懸命取り組んでいればその夢に近づきます。服を通して世界を変えていきたいという熱い思いを持った方、一緒に働ける日を楽しみにしています。

PAGE TOP

LIFE at FR

>

社員紹介