ファーストリテイリングについて

Japan [ 日本 ]

社員紹介

全世界から職場を
選んでいいと言われても、
私はユニクロを選びます。

松原

ユニクロ
  • フランス
  • 松原
  • ユニクロ
  • 研修・能力開発
    (現:ドイツ エリアマネージャー)

真のビジネスリーダーを育てる研修をつくっています。

私は現在、ヨーロッパで、店長候補のための研修のオーガナイズ、設計、実行を担当しています。担当している研修プログラムは、修了した受講者がすぐに店長として、チームを率いる能力を得られることを目指すものです。マネージャー候補の研修では、会社内で真のプロフェッショナルになるためのマインドセットについて研究をおこなっています。ただのマネージャーではなく、真のビジネスリーダーになり、誠実な姿勢でまわりの人々を動かすための教育です。
22歳、23歳の若い社員にこのような研修を実施して、100万ドル規模の売上のある店舗の運営を任せるような企業は多くありません。身につけた人事管理スキルは、人生で役立てることができるはずです。

やりたいことができる自由、挑戦の自由があります。

私にとって、働くということ自体がご褒美のようなものです。お金の問題だけではありません。私は自分の仕事に満足していますし、仕事が私の存在理由となっています。私たちの人生において、仕事に費やす時間は大きな部分を占めています。その時間をうまく活用したいと思うのです。ただの仕事ではもったいない。挑戦のしがいがあって、喜びを得られるようなものであるべきです。ここには、自分のやりたいことをやる自由があります。10年前にはこんなことは考えもしませんでした。でも最近では、仕事に喜びが見出せるようになってきたのです。
ユニクロでは、自分を表現できるチャンスがたくさんあります。研修を通じてブランドをより良くしていく上で、障害はほとんどありません。自分の意見を上司に伝えることもできます。その意見は、上司を通じて、柳井CEOにまで伝わるのです。全世界のすべての会社から働く会社を選んでいいと言われても、私はユニクロを選びますね。私は自分が本当にラッキーだと思います。

自分自身を常に更新していく。それが、世界を変えていく。

この会社で生き残り、成功したいと思うなら、困難を回避しようとしてはいけません。常に変化を受け入れていかなければならないのです。この会社は、13年前には想像もつかなかったような地点にまで到達しています。急速に、そしてグローバルに、拡大を進めています。5年先、あるいはたった1年先でも、今とはまったくちがう会社になっていることでしょう。自分自身を常に更新していくことが求められるのです。 「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」革新的な服は人々の生活を変えます。私たちの仕事は、ただ服を売ることだけではないのです。ファーストリテイリングの事業は世界にプラスになっていると私は心から感じていますし、それが私にとっての誇りなのです。

PAGE TOP

LIFE at FR

>

社員紹介