Japan [ 日本 ]

スタースタッフ

GUスタースタッフコンテスト
「おしゃリスタ」 トップインタビュー
焼津店 紅林

マネキンの着せ付け、接客、コーディネートすべてが評価される「おしゃリスタ」の頂点へ。

(受賞できた勝因) 目の前のお客様の気持ちに寄り添い、「その人にしか当てはまらない接客」を。

もちろん、ベースはとなるのは丁寧かつ、それぞれのお客様に合わせた接客であり、質の高い知識も必要となってきます。ただ、「必要とされる商品を提案する」というだけじゃなく、スタッフとして「プラスαの付加価値を提供できるかどうか」が大きなポイントだと思っています。

具体的には「この商品(ジャケット)が欲しいんですよね」と話しかけられたら「可愛いですよね」と、一度お客様の選択に共感し、受けとめる。そして状況に応じて、「どのようなシーンで使われますか。」と、距離を縮められるようにお聞きしました。「仕事で使います」というお話だったので、立ち仕事なのか座り仕事なのか確認をします。「座ることも多いです。」とおっしゃったので、私からシワにもなりにくい素材の商品をご提案しつつも、お客様にとって常に選択肢があるよう2色の商品をご提示しました。更に、「お得感」や「更に魅力的だ」と感じていただけるよう、デニムにも合うことや、洗濯ができることなどをお伝えさせていただきました。そしてお客様の髪の毛の色が明るいお色だったので、2色のうち、「こちらが今のお客様の髪の毛のお色に合いますね」とお伝えし、そのお客様にとってオリジナルな接客、「その人にしか当てはまらない接客」を心がけました。

色々なことをお話していても、「目の前のお客さま」をよく見ていたことが、オリジナルの接客につながり、かつ今回の受賞のポイントになったのだと思います。今回の「GUスタースタッフコンテスト」でも、一度「お客様の気持ち」に寄り添ったことが好評価のポイントになったようです。接客していると、スタッフというのは知識がある分、つい一方的に商品の説明をしてしまうことが多いのですが、「いかにお客様の気持ちに寄り添うか」を常に心がけています。誰にでも当てはまるような接客ではなく、最終的には「このお店で、あなたから買いたい」と思ってもらいたいですね。

(今に至るターニングポイントは?) 1年半前にもらった、「おしゃリスタ」のバッチ。自分の居場所が見つけられた気がした。

入った当初は毎日があっという間で、必死に目の前のことをこなしていました。今とは見ている景色が全然違ったように思います。 1年半前に「おしゃリスタ」のバッチをもらって、更なる責任感とともに、「自分はこの場所でやっていけるのかもしれない」という自信になりました。

マネキンもただ着せ付けるのではなく、中心はズレていないか、皺の入り方など、入念にチェックします。 また、マネキン自体がのっぺりと見えないよう小物でスパイスを利かせるなど、通常の人が着るよりも映えるような、目を引くようなコーディネートに仕上げます。 このように、マネキン一つでもセンスやトレンドに関する意識がさらに変わっていきました。

(あなたにとっての「おしゃれ」って?) 私が考える「おしゃれ」は、新しい自分に出会えて、元気をくれるもの。

体型など、コンプレックスを隠したいという相談も多いです。でも、お客様自身が悩まれていることも、解決方法を知らないだけだったり、自分で気づかないような魅力を持っていらっしゃったり、、、少し踏み込んで挑戦することで、「お客さまご自身が自分でも浮かばなかった新しい自分の発見」ができることもあります。

「おしゃれ」って、「着飾る」というより、自分を引き立ててくれるものだと思うのです。コンプレックスに思っていたことが、実は生かせる部分であることも多い。そんなご提案ができて、お客様ご自身が「感動」されたとき、本当にうれしい気持ちになります。 おしゃれすることで様々な自分になれ、気持ちが高まり、元気になる… こんなワクワクした気持ちや、感動を与えられる接客をしていきたいですね。

(今後やりたいこと、伝えたいこと) まずは「楽しむ」。「個性」が生かせる、「自分らしい接客」を伸ばしていきたい。

私自身、新人の時は、「販売員はこうであければいけない」という考えに縛られていました。 接客の距離の取り方がわからなくて、お客様にとってフランクだと失礼になるのではないかと、まずはそつなくこなすことばかり考えていたのです。

でも、さじ加減が難しいかもしれませんが、自分自身とお客様同士のオリジナルの「ふれあい」があって、初めて楽しくなる。 マニュアルはあるけれど、そこだけに囚われるのではなく、まずは「人と人とのふれあい」を楽しんでほしいと思います。

オリジナルという点では、スタッフの一人一人にも「個性」があり、「その子らしさ」が発揮でき初めて生き生きと接客できると思います。 それを生かした接客ができれば、自己成長は後からついてくる。 「その子らしさ」を生かせるように、後輩たちを見て、伸ばし、育成していきたいですね。

ゆくゆくは店舗全員で、基準の高い「おしゃリスタ」でありたいと思います。 自分自身も模範でありたいし、他の店舗からも模範となるような店舗でありたい。

お客様、スタッフ、すべてにおいて、より高みを目指したメンバーとお店を作っていきたいと思っています。

当日のファッションチェック! どんな服装でチャレンジしましたか? ファッションのポイントは?

私は背が高いので、女性らしく見えるよう、全身ワインレッドのワントーンで挑みました。 ワイドパンツにリブのタンクトップ、それにノーカラー(襟のない)ジャケットを羽織り、トレンドのコルセットベルトも巻きました。

「話しかけやすそう」というよりは、「あのスタッフの人の、こういうコーディネートやってみたいな」「あの人と同じ服が着たいな」と思っていただけるような服装を心がけています。

そのような興味や憧れを引き起こすことができれば、「声をかけたい」と思ってもらえるような気がしています。

アルバイト 受付電話番号

ジーユー アルバイト採用センター(受付/全日10時~19時)

PAGE TOP