社員インタビュー

「お客様の立場に立脚」忙しい時ほど、意識している言葉です。

小池

gu
  • 小池
  • ジーユー
  • 地域正社員

GUに入社したきっかけは何ですか?
また、入社してから現在までの経歴を教えてください。

転職を考えている時に、現店舗のオープニングスタッフの募集をみて応募させていただきました。前職は事務系の職場だったのですが、接客業に興味がありましたし、オープニングスタッフとして0からお店を作り上げてみたいと思ったのがきかっけでした。

最初は準社員という形で採用していただきまして、アルバイトスタッフの指導や教育を担当していました。その後、オープン業務が落ち着いた後に店舗の代行者、半年後にアドバンスパートナーと経験を積み、入社から2年ほど経った時に地域正社員に登用されました。

現在は第1代行として、シフト管理やレイアウト作成等の業務や、新人社員の教育なども担当しております。

小池さんの仕事観についてお聞きします。
仕事において大切にしていることは何ですか?

ファーストリテイリングの企業理念でもある、「お客様の立場に立脚」という考えを常に頭の片隅に置きながら、業務にあたることを意識しています。「何時までにこれをやらなきゃいけない」といったタイムスケジュールがある中で、業務に追われていると、どうしても意識が作業だけに向いてしまう瞬間があるんです。
しかし、従業員の都合はお客様に関係ありません。お客様に満足してお買い物していただくためにも、忙しい時ほど「お客様の立場に立脚」という言葉を思い出して、自分を律するようにしています。

小池さんの仕事観についてお聞きします。仕事において大切にしていることは何ですか?

ご自身の経歴の中で仕事に対する考えの転換期となった時期はありましたか?

自分の中では、準社員から地域正社員になった際は、大きな転換期だったと思います。やはり、地域正社員として求められることはどんどん大きくなりますし、会社としての考え方を自分の中で理解するだけでなく、周りに伝えられるようにならないと、アルバイトスタッフはついてきてくれませんよね。

試験を受けるにあたって、当時の店長やエリアマネージャーに手助けをしてもらいながら、仕事に対する考え方や業務内容の見直しをしていきました。今振り返っても、当時の経験は私の中で大きな財産となっています。

入社前と入社後においてGUの印象は変わりましたか?

アパレルの仕事は、どんなお店でもどんどんお客様に話をかけてコミュニケーションをとるような印象がありました。しかし、GUの場合はお客様が必要とされている時にお手伝いをする「ヘルプユアセルフ方式」を採用しているので、そのイメージは覆されましたね。

また、入社前から接客などの業務はなんとなくイメージできましたが、バックヤードの業務がこんなに多いとは思いませんでした。運搬や什器の移動、レイアウトの変更など体力仕事が多いことにも驚きましたね。

入社前と入社後においてGUの印象は変わりましたか?

GUならではの仕事の魅力を挙げるとどんな所でしょうか?

基本的な挨拶や礼儀といった部分から、お客様に対する心構えまで、仕事をしていく中で社会人として大切なことを1から教えてくれるので、すごく成長する環境だと思います。

アルバイトや社員といった垣根もなく、スタッフ全員が企業理念のもと同じ目標に向かって一緒に働けるというのは、GUならではの魅力だと感じますね。

入社して、自身が成長した点はどんな所でしょうか?

これまで、チームをまとめたり、先頭に立って率いるという経験がありませんでした。GUに入社してからは、アルバイトスタッフの教育や管理などの仕事も担当させていただきましたので、統率力は入社前に比べてついたのではないかと思います。
しかし、まだまだだなと感じる部分が多く、スタッフやお客様に信頼していただくためにも、もっと成長しなくてはならないと感じています。

入社して、自身が成長した点はどんな所でしょうか?

休日はどのように過ごしていますか?

店舗のスタッフと休みがあったときなどは、一緒にご飯を食べに行ったりすることもあります。後はお買い物に行ったり、学生時代の友達と休みが合えば遊びに行ったりと、普通の休日を過ごしています。基本的には平日休みが多いのですが、土日よりも街が空いていて、買い物などがしやすくて私は好きですね!

今後の目標を聞かせてください。

スタッフ1人1人が成長できるように、教育できる面はしっかりフォローしながら、お客様がより満足できる環境を作っていきたいです。そうすることで、今以上に地域に根ざしたお店になっていくと思いますし、リピーターの方も増えるのではないかと感じています。

PAGE TOP

LIFE at FR

>


ジーユー 地域正社員

>


社員インタビュー