社員インタビュー

安さ+αの魅力で、地域のお客様にファッションブランドとして
幅広く知って頂くことが目標です。

三輪

gu
  • 三輪
  • ジーユー
  • 地域正社員

ジーユーに入社したきっかけは何ですか?
また、入社してから現在までの経歴を教えてください。

高校生の頃から、漠然とアパレルの仕事をしたいとう想いを抱いていました。その中でも企業として安定しているファーストリテイリング、そしてスタッフの方がイキイキとしていたジーユーで働きたいなと思い、アルバイトの募集に応募しました。

その後、準社員を経て現在R社員として勤務しております。気づいたことをスタッフにしっかりとフィードバックできるという強みを活かすために、準社員の頃には、CSリーダーやスタッフ育成のポジションを担当してきました。現在は第一代行として、お店全体を見渡して管理する仕事をしています。

三輪さんの仕事観についてお聞きします。
仕事において大切にしていることは何ですか?

初心を忘れずに、謙虚な気持ちでいることを大切にしています。特にスタッフ育成に関しては、アルバイトから入社し、準社員、R社員と複数の立場を経験してきた自分だからこそ、できることがあるのではないかと考えています。
自分がアルバイトだった時の気持ちを思い出しながら、相手の気持ちに寄り添った声の掛け方をしてあげることを大切にしていますね。

これは接客の時も同じで、お客様の気持ちになって考えることで、より満足度の高い接客につなげようと意識しています。そうすることで、当たり前のサービスではなく“感動のサービスになる”ということを信じて働いています。

三輪さんの仕事観についてお聞きします。仕事において大切にしていることは何ですか?

ご自身の経歴の中で仕事に対する考えの転換期となった時期はありましたか?

入社して2年目くらいの頃に、社員という立場から年上の方の指導やフィードバックをしなくてはならなくなった時ですね。当時は自分がまだ10代で、若いからということもあったのか、しっかりと伝えられなかったんです。

とても思い悩んだのですが、当時の店長に悩みを相談したり、話し合いを重ねることで、自分の中にあったモヤモヤが晴れた気がしました。あの悩んだ時期があったからこそ、現在スタッフを指導するときなどにはしっかり一人一人と向き合って、言葉をかけられるようになったのだと思います。

入社前と入社後においてジーユーの印象は変わりましたか?

入社前からジーユーはただ“安い”という印象がありました。今でも安いという印象は変わらないのですが、安いだけではなく品質に関してもお客様に満足いただけるよう、会社として試行錯誤している面を見ているので、企業として素晴らしいなと感じました。

そういった企業の努力を間近で感じたからこそ、店舗に立っている私たちスタッフも、商品の見せ方や提案の工夫をして、お客様にジーユーをファッションブランドとして認識してもらうための努力をしていきたいと一層感じるようになりました!

入社前と入社後においてジーユーの印象は変わりましたか?

ジーユーならではの仕事の魅力を挙げるとどんな所でしょうか?

ジーユーは、やる気のある人がどんどんキャリアアップできる環境が整っています。頑張った分だけ、与えられる裁量や仕事の量も大きくなっていきますし、成長も早くなっていきます。

今現在は将来のビジョンがなくても、頑張って働いているうちに、やりたいことが見えてくるという方も多いんです。アパレルのお仕事の中でも、これだけ将来の選択肢が多い環境は、ジーユー(ファーストリテイリング)ならではだと思いますね。

入社して、自身が成長した点はどんな所でしょうか?

入社前は、コミュニケーションを取るのがあまり上手い方ではなかったんです。自分の想いを言葉にするのが苦手だったんだと思います。しかし、働いているうちに、徐々にコミュニケーションを取ることが楽しくなってきたんです。
お客様との接客もそうですが、自分の気持ちが相手にしっかりと伝わるということに喜びを感じられるようになったのが、一番大きな成長なのではないかなと思います。

入社して、自身が成長した点はどんな所でしょうか?

休日はどのように過ごしていますか?

K-POPが好きなので、休みの日はライブに行くなどしてリフレッシュする時間にあてています。シフト制ですので、他のスタッフとの兼ね合いはありますが、基本的には自分が休みたい日はちゃんと休めるのでありがたいです!自分が希望する日に休みをとれる分、オンオフをしっかりと切り替えられる環境だと思いますね。

今後の目標を聞かせてください。

ジーユーがファッションブランドとして、地域の方々に幅広く認識していただけるようになることがいちばんの目標です。そのためにも、スタッフ育成・お店作りなど全ての面にこだわる必要があると思っています。

安いのは当たり前で、それにプラスαの価値をつけてこそ、ジーユーが目指すブランド像だと思います。企業理念やブランドとしての目標に少しでも近づけるよう、まずは自分がいる店舗から変えていければ良いなと思っています。

PAGE TOP

LIFE at FR

>


ジーユー 地域正社員

>


社員インタビュー