CONCEPT MESSAGE

PEOPLE
真のグローバル視点をMDチームが持つことで、
ユニクロをさらなるグローバルブランドへ。

MDとしていい服をつくるためには、
店舗で売るにはどうしたらいいのか、という発想が必要。

現場を知っていることを自分の強みに。

私は最初からMDを志望してFRに入社したのですが、新卒入社で本部に行くには現場での店長経験が必要となります。そのため、入社当初は「MDとして働くために、店長を経験しなければ」という感覚でした。しかし、実際に店長になってからは「お店で結果を残せなければ、MDになっても通用しないのでは?」と考えるようになったのです。

当時のMDは、経験を経て入った中途入社の人が圧倒的に多かったのです。その方たちの仕事ぶりを見ていると、ものづくりやMDとしてのスキルでは勝てないと感じた一方で、だからこそ「現場を知っている」ことを自分の強みにしなければ、との思いに至りました。また、「お店がダメだと会社もダメになってしまう」と気付いたことも理由のひとつ。ユニクロは「製造小売業」なので、服を作り、お客さまに店舗で商品を買っていただくことで、初めて商売が成り立つのです。つまり、いい服を作るためにも、売る発想がなければならない。そのことに気付いてからは、店長として少しずつ結果を出せるようになりました。

MDとして課題にしっかり向き合うためには、
生きた現場をその目で、足で、実感しなければならない。

MDはチームプレイ。

MD部に異動して気付いたのは、ものづくりは店舗に足を運ばないと完結しえない仕事だということ。MDの仕事は、どんな商品を、どのくらい作り、いつから店頭に並べ、どんな売り場で、どのように売るか、を決めていくのですが、それらを考えるのは実際に店舗にいるときがほとんど。店舗の状態を見ながら、店長やブロックリーダー・SVと連携を取っていきます。やはり生きた現場をその目で、足で、実感しなければ、課題を解決することは難しいですね。

また、店長経験で培った「自分一人でできることには限りがあるけど、チームならできる」という考えは、MDになっても私の支えとなっています。MDという仕事の大部分はチームをリードし、物事を決めていくことです。自分が全てできなくても、それぞれのメンバーの力を合わせれば、達成できることはたくさんあります。チームを信頼し、チームで仕事をするスキルは、店舗での経験がなければ身についていなかったかもしれません。

真にグローバルな視点を身につけ、
世界へ向けて、ものづくりを発信していきたい。

ユニクロらしさへのこだわり。

2015年、ユニクロの海外売上比率がどんどん上がってきているタイミングで、フランスのMDチームへ配属されました。初めての海外赴任で意識したところは、現地のトレンドや特徴を取り入れながら、「ユニクロらしさ」を出すこと。もちろん現地に適応するためのインプットは大事ですが、素材選びや機能性など「ユニクロが作る理由」を見失わないようにすることで、今までにない価値を提供することに挑みました。

気候や生活習慣の違いはあっても、本質的に良い商品というのは、どの国でも売れると思っています。今までに「ヒートテック」や「ウルトラライトダウン」、「エアリズム」などのヒット商品は、日本を起点として生まれました。これからは日本に限らず、各国のお客さまのニーズを起点として、世界中で受け入れられるものができるはず。「ユニクロらしさってなんだろう」「 “LifeWear”ってなんだろう」と、新しいメンバーやチームと議論をしながら、世界のスタンダードを生み出していきたいですね。

真のグローバル視点を身につける。

フランスの店舗やお客さまの動向を見たり、スタッフやMDと話をしたりしていると、地域ごとに全く違うニーズがあることに気付くとともに、自分ではグローバルな視点を意識していたつもりが、無意識に日本視点の思考になっていることにハッとすることがあります。グローバルな視点は、私を含め日本のMDチームにはまだまだ足りない部分。現状では商品を開発する部署が日本に集中しているため、どうしても日本の特徴や思考から発想したものが多くなっています。現地のメンバーと継続的にコミュニケーションを取りながら、ヨーロッパのビジネスの視点をうまく日本のMDにも取り入れていきたいですね。
いまは拠点を日本に置いていますが、2ヵ月に一度はヨーロッパに行ったり、向こうのメンバーが日本に来てくれたりします。そのようにして海外のチームと交流を図り、ともに仕事をすることで、フランスで学んだ感覚や視点を日本のMDチームに浸透させることを行っています。そして、真にグローバルな視点を身につけ、世界へ向けたものづくりを発信していくことを目指しています。