ファーストリテイリンググループ採用情報サイト

MENU

各ブランドの採用情報サイト一覧

【ユニクロ・ジーユー希望塾】
世界をあっと言わせる仕事を。ジーユーの新戦略。
「日本発のゲームチェンジャーになるために」

ユニクロ以上の超スピードで成長中のジーユー。
今までの常識やルールを変えて、新しいビジネスをつくり上げてきた原動力とは?
商品開発、デジタルマーケティング&EC戦略、グローバル展開。
それぞれの分野で活躍している3人の社員と取締役副社長である川畑が、ジーユーの今と未来を語りました。
  • 川畑 卓

    ファーストリテイリンググループ執行役員/ジーユー取締役副社長

  • 矢治 寿一

    R&D部

    2006年中途入社

  • 吉竹 真央

    マーケティング部

    2011年新卒入社

  • 下枝 寛

    マーケティング部 リーダー

    2014年4月入社 当時急成長中だったネットベンチャーでEC事業に12年携わる。入社後は小売りのプロを目指し、現在デジタル会員への1 to 1マーケティングに挑む。

ビジネスのルールを覆しながら、売上高3000億円へ。

川畑 卓(かわばた すぐる)ジーユー取締役副社長 人事、経営企画、サプライチェーンマネジメントを担当。

川畑 卓(かわばた すぐる)ジーユー取締役副社長 人事、経営企画、サプライチェーンマネジメントを担当。

ジーユーの特徴を一番よく表す言葉とは何か?と考えぬいた結果が、「日本発のゲームチェンジャー」でした。
私たちはまさにビジネスというゲームのルールをチェンジしながら、成長を続けています。
たとえば2009年に990円ジーンズを展開して世の中を驚かせたのが、ジーユーがメジャーになった最初のきっかけでした。

その後も「ファッション=若者のもの」という業界の通説を覆し、「ファッション=老若男女すべての人が楽しめるもの」と捉え直してビジネスを展開。
毎年130%以上の成長をつづけています。中国、台湾にも進出し、これからも海外展開を広げていく計画です。

創業8年で売上は1000億円を突破しました。そして、10年目の今年は2000億円に迫ろうという勢いです。
こんな会社はそうないと思います。私たちの向かう先。それは、まずは3000億円の売上高です。
そのために店舗もデジタルマーケティングも商品開発も、これまでの常識にとらわれないやり方で進化させていきます。

入社3年目で、海外1号店の立ち上げメンバーに。

吉竹 真央(よしたけ まお)2011年新卒入社。 店長、銀座店の立ち上げを経験後、入社3年目に上海での店舗立ち上げに携わる。現在はマーケティング部所属。

吉竹 真央(よしたけ まお)2011年新卒入社。
店長、銀座店の立ち上げを経験後、入社3年目に上海での店舗立ち上げに携わる。現在はマーケティング部所属。

まず、ジーユー海外1号店の立ち上げに参画した吉竹さんに聞きます。
入社3年目でいきなり上海行きが決まったとき、どう思いましたか。

正直、「この会社、無茶言うな」と思いました(笑)。でも、期待してもらってすごくうれしい気持ちもありました。
ただ、2年目から店長を任されていたものの、特別なスキルがあったわけではないので不安のほうが大きかったですね。
中国語も最初はまったくしゃべれませんでした。

いろいろ苦労はあったと思いますが、上海に行ってよかったと実感することは何かありますか?

海外1号店の立ち上げでしたので、中国の方にはジーユーをまったく知られていない状態で事業は始まりました。
もちろん現地で採用したスタッフもジーユーのことは知りません。
私たちの伝える言葉だけが彼らにとってのジーユーなんです。
日本と文化の違いもあるので、コミュニケーションの仕方も売れる商品も違う。
そんななかで根気よく話し合って売場を一緒につくり上げ、最後にはお互いすごく理解し合うことができました。
うれしかったですね。
今年の3月から本部でマーケティングの仕事をしています。
今後、ジーユーが海外出店するなかで、自分の経験を生かしていきたいですね。

新しいデジタルマーケティングを、インターネット業界が驚くスピードで。

下枝 寛(しもえだ ひろし)2014年中途入社。 急成長中のネットベンチャーから転職。入社後はマーケティング部リーダーとしてデジタルマーケティングに挑む。

下枝 寛(しもえだ ひろし)2014年中途入社。
急成長中のネットベンチャーから転職。入社後はマーケティング部リーダーとしてデジタルマーケティングに挑む。

ジーユーにとって今後Eコマースの存在は重要性を増していきます。
下枝さんはそれを踏まえてデジタルマーケティングをどう展開させていこうと考えていますか?

世の中のアパレル店舗では、スマートフォンを使ったサービスはまだ少ないです。
だからこそ、逆にチャンスがあると思っています。
これからは、誰が何を買ったかという購買データが分かるようになってきます。
そのビッグデータを使って、お客様一人ひとりに合わせた新しい商品を開発し、喜んでもらう。
そんな1to1マーケティングでジーユーのファンをもっとつくっていきたいですね。

手前味噌ながらジーユーは業界でも、デジタルマーケティングの世界では最先端を行っています。
その原動力は何ですか?

スピードですね。私は以前、大手インターネット企業で働いていました。
業界のなかでもスピードが速い会社でしたが、ジーユーはさらに意思決定が速いんです。
あらゆることを30分の会議のなかで結論を出します。入社当時は圧倒されました。
それに社長がいつも近くにいるので、提案したいことがあれば「ちょっとすいません」とすぐに提案できるんです。
常に革新やチャレンジを要求されます。だからとても面白いし、飽きませんね。

業界のタブーをあえてやる。大ヒット商品、連発の裏側。

矢治 寿一(やじ としかず)2006年中途入社。 6年間のMDの経験を経て、2012年にR&D部に異動。現在は部長として、世の中が驚く商品開発の最先端に立つ。

矢治 寿一(やじ としかず)2006年中途入社。
6年間のMDの経験を経て、2012年にR&D部に異動。現在は部長として、世の中が驚く商品開発の最先端に立つ。

去年はガウチョパンツ、そして今年はスカンツと大ヒット商品を連発しているのが矢治さんのR&D部ですよね。

実は一般的なアパレルの常識では、トレンド商品への一点集中生産・販売はいちばんやってはいけないことなんです。
売れなかった時のリスクが大きすぎますから。
でも、私たちは「これだ!」という商品に集中してたくさんつくり、買ってもらう。
ある意味、矛盾することをやっているわけです。
10打席ならば10回ホームランを打つみたいなことを真面目にやろうとしているんです。

 

ジーユーの商品企画、R&Dをこれからどのように進化させていきますか?

普通、R&Dというのはデザイナーやパタンナーがいる部署ですが、私たちにはリサーチを専門的に担っているチームがあるんです。そこがジーユーR&Dのユニークなところだと思います。
また、3月にロンドンにR&Dセンターを立ち上げました。
これまでは日本をベースに商品開発を行っていましたが、これをグローバルな商品開発に変えるということで、情報の量と質を劇的に増やす。
「世界同時商品開発」にトライしています。

ありがとうございました。それでは学生の皆さんとのQ&Aに移ります。

Q:他のファッション通販サイトと比べたときのGUのEコマースの強みを教えてください。

ファッション通販サイトはいわばネット上の百貨店ですが、私たちは製造小売業です。
お客様の声を最速で商品企画に反映して、自社で自由に変えられます。変化へのスピードが私たちの強みだと思います。

ひとことで言うと、リアルな店舗があることです。私たちは店舗がなければできないことをやっていきたいんです。
ご来店したお客様をもっともっとデジタルで便利にして、Eコマースのよさを伝えて利用していただく。
そして、「店舗で買うという行為」と「Eコマースで買うという行為」を一体化させ、買い物の行動そのものも変えていくこと。
それが最終的な目標ですね。

Q:ジーユーの仕事をとおして、どう成長できていますか?

実は私、コミュニケーションが苦手でした。
でも店長の経験をとおして、自分より年齢も経験も上のスタッフの方とどう関わっていけばいいのか?
自分の考えをどう伝えれば頑張ってもらえるのか?ということを学びました。
海外や本部も経験し、本当にいろいろな人と仕事する中でコミュニケーションがどんどん鍛えられていき、いまは逆に自分の強みに変わっていったかなと思っています。
短期間でこんなにさまざまな仕事にチャレンジできるのは、ジーユーならではですね。

Q:「いつかユニクロを超えよう」という考えはありますか?

そう簡単に超えられませんが、いつかは超えたいと思っています。
それが10年後なのか、20年後なのかは分かりません。ユニクロも猛烈なスピードで成長していますから。
ユニクロとジーユーという会社が同じグループにあり、シナジーを発揮しながらお互い成長している。
お互い切磋琢磨しながら成長していけたら、と考えています。

_j

CLOSE UP! FAST RETAILING

-

はたらくことは、生きること。
FRで 働く社員たちや環境、風土の紹介のほか、
採用に関するコンテンツを更新していきます。

    • PROJECT
    • PEOPLE
    • FR
    • ユニクロ

    【シンガポールFR-MICリーダーが目指す未来】
    人の可能性を広げる「教育の力」で、FRを世界一の企業に!

    言葉も文化も違う海外で組織をまとめ、新たな仲間を増やしていく...

    • PROJECT
    • SPECIAL
    • FR
    • ユニクロ
    • ジーユー

    会社ではなく「仕事」を、
    そして仕事の先にある「人生の行き先」を選べ


    • PROJECT
    • FR
    • ユニクロ
    • ジーユー

    【ユニクロ・ジーユー希望塾】
    この仕事を通じて、私たちが目指すもの

    私たちは、何のために仕事をするのでしょうか。ファーストリテイ...

    • EVENT
    • FR
    • ユニクロ

    「お客さまにワクワクする買い物体験を提供する」
    グローバルマーケティング部の役割と使命とは

    ユニクロを象徴する多くのプロジェクトを手がけ、お客さまにワク...

    • PROJECT
    • FR
    • ユニクロ

    【海外事業】
    ユニクロを待ち望んでいる世界中の人々に届ける(前編)

    ユニクロは2015年11月末、海外店舗数が国内店舗数を上回り...

    • PEOPLE
    • FR
    • ユニクロ

    「本質的に良い商品」は世界中で売れる──日仏を行き来しながらグローバルな視点で目指す商品づくり

    世界のファッションの中心地であるフランス・パリ。現在、日本国...

    • PROJECT
    • FR
    • ユニクロ
    • ジーユー

    GLOBAL STUDY PROGRAM 2016
    大学生73人が海外5都市へ。

    2016年2月、ファーストリテイリングが初の大規模な海外イン...

    • PEOPLE
    • FR
    • ユニクロ

    「売上を伸ばす近道は、スタッフが気持ちよく働けること」入社2年目店長の挑戦

    ファーストリテイリング(以下、FR)では、入社後半年間の研修...

    • PROJECT
    • FR
    • ユニクロ
    • ジーユー

    【海外インターンシップ】
    GLOBAL STUDY PROGRAM(後編)

    ついにGSPも最終日。ロンドン経営陣への最終プレゼンテーショ...

    • PEOPLE
    • FR
    • ユニクロ

    時代を先取りし続ける仕事、MDの1日って?

    お客さまに求められる服とはどのようなものか、どのくらいの数量...

    • SPECIAL
    • FR
    • ユニクロ
    • ジーユー

    数字で見るファーストリテイリング

    ファーストリテイリングは「服を変え、常識を変え、世界を変えて...

    • PROJECT
    • FR
    • ユニクロ
    • ジーユー

    【海外インターンシップ】
    GLOBAL STUDY PROGRAM(前編)

    「世界で起きていることは、あなたにつながっている。

    • PEOPLE
    • FR
    • ユニクロ

    【同期座談会】
    先輩社員が語るFRで働く今と未来(前編)

    若手の成長や育成を後押しする風土があるファーストリテイリング...

  • 各ブランドの採用情報サイト一覧

    TOP