HOME > サステナビリティ > 私たちが考えるサステナビリティ > CEOコミットメント

CEOコミットメント

最終更新日: 2018.03.30
to English page

無駄なものをつくらない、運ばない、売らない
日々の事業を通じて持続可能な社会をつくる

サステナビリティの実現は企業活動の目的

世界中の国や企業、人々がデジタルを通じてダイレクトにつながる時代。世界のどこかで起きたことが即座にあらゆる人々の生活やビジネスに影響します。地球上から「他人事」はなくなりました。透明性のある責任をもった行動がすべての企業や個人に求められています。

一方で世界には、環境負荷の増大、貧困、難民問題、人種差別、テロ、地域紛争など一刻の猶予も許されない問題が山積しています。人類の長期的な生存自体が危ぶまれる状況です。世界が平和で持続可能でない限り、企業活動はできません。サステナビリティの実現そのものが企業の事業目的でなければならない。そういう時代になりました。グローバルに事業を展開する企業として、私たちは社会に、そしてすべてのステークホルダーにとって「本当に良いこと」をしているか。それが厳しく問われています。

このような観点から、ファーストリテイリングは、2017年、新たに「服のチカラを、社会のチカラに。」をキーメッセージとした「サステナビリティステートメント」(後掲)を策定しました。良い服とは、シンプルかつ上質で、長く使える高い性能をもつ服であり、自然との共生を深く考え、革新的な技術でつくられた、環境に余計な負担をかけない服です。服のビジネスを通じて社会の持続的発展に寄与する、そんな私たちの決意をこのステートメントに込めました。今後はファーストリテイリンググループすべての従業員がこれを指針にあらゆる業務を行っていきます。

日常の活動でサステナブルな世界を実現する

持続可能な社会の実現には、環境負荷の低減を重視した企業活動が求められます。素材の調達から生産プロセス、最終消費段階までのトレーサビリティ(追跡可能性)の確保と透明性の向上、情報開示に取り組みます。また事業に関わるすべての人たちの人権、安全、健康の確保、さらには現実の生活で困難な状況に陥っている世界の人々に対し、私たちの事業を通じて何ができるのかを常に考え、実行します。

それらの活動における私たちの基本的な考え方は「無駄なものをつくらない、運ばない、売らない」。すべての業務プロセスを私たち自身が完全に理解し、把握したうえで、明確な目標を自ら設定します。そして生産や物流のパートナー、取引先と一緒に問題を解決していきます。重要なのは言葉でなく行動です。一つひとつの日常的な事業活動がサステナブルな世界の実現につながっているか、常にそのことを考えながら仕事に取り組みます。

一人ひとりの従業員と話し合い、行動に移す

しかし現実を省みれば、私たちの取り組みは緒についたばかりで、まだまだ不十分です。自分たちの扱っている商品、日々行っている商売が本当にお客様や社会のためになっているか。私たちの進める事業のコストと効果が見合っているか。こうしたことを全員がもっと深く考え、日々の仕事を変えていかなければなりません。

そのような問題意識に立って、2017年春から店舗も含む全世界のすべての従業員、11万人を対象にサステナビリティに関するeラーニング講座などの受講を必須としました。8言語での受講が可能で、2017年8月末現在、全従業員の7割以上が受講を終え、今年度中に全員が修了する見込みです。サステナビリティに対する経営の明確な方針を従業員に伝えると同時に、店舗や本部の従業員の意見を徹底的に聞き、「今何をすべきか」「なぜやらなければならないのか」を話し合い、行動に移す取り組みに着手しています。

主要取引先縫製工場のリストを公開

加えて、私たちの事業で特に地球環境や社会への影響と責任の大きい分野として「サプライチェーン」「商品」「店舗とコミュニティ」「従業員」の4つの領域を特定し、持続可能性の実現に向けた行動指針「サステナビリティポリシー」を制定しました。さらにサプライチェーンの透明性を高め、環境と人権に一層の責任を果たしていく目的で、ユニクロとジーユーの主要取引先である縫製工場のリストを公開しました。

私たちは今全社を挙げて「有明プロジェクト」の実現に取り組んでいます。これは生産や物流のプロセスにとどまらず、店舗での接客、従業員の働き方含め、仕事の仕方をすべて変え、サステナビリティを基盤としたまったく新しい企業になるためのチャレンジです。「持続可能かどうか」をあらゆる仕事の判断基準とし、日常のビジネスそのものがサステナビリティの実現である。そういう明確な意識を共有した企業になることを宣言します。

自ら変わり、世界を変える

「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」

これはファーストリテイリンググループのステートメントです。私たちファーストリテイリンググループは服のビジネスを通じ、社会をより良い方向に変えるために事業を行っています。最終的な判断基準は、事業に関わるすべての人々が幸福になっているかにあります。社会が未来にわたって平和で安定的に持続、発展できなければ、どれだけ大きな利益を上げても意味がありません。

本当に良い服をつくって、売り、自分たちだけでなく、すべてのステークホルダー、社会全体が幸せになる。これが究極の目的です。そのためにまず、自ら変わり、世界を変える。私たちは時代を超え、国境を超え、世界のあらゆる人々に服を着る喜び・幸せ・満足を提供し続けることで、持続可能な世界の実現のために全力を尽くすことを約束します。

2018年1月

株式会社 ファーストリテイリング
代表取締役会長兼社長 柳井 正
Tadashi Yanai

ページトップへ