HOME > サステナビリティ > 商品 > リサイクル

リサイクル

最終更新日: 2018.03.30
to English page

不要になった自社商品を店頭で回収

ファーストリテイリンググループは、服を生産し、販売するだけではなく、リユース・リサイクルすることを通じて、服の価値を最後まで活かすことも重要な責務と考えています。お客様のもとで不要になった服を、ユニクロおよびジーユー店舗で回収し、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)や世界各地のNGO・NPOとともに、難民をはじめ、服を必要としている人々に届ける活動を行っています。

回収した服は選別し、着られる服(約80%)は必要な数量や種類、届けられるルートを確認し、難民などに寄贈しています。また従業員も定期的に寄贈先に赴き、服の寄贈とともに、服の配布状況を確認しているほか、人々の生活や服に対する要望について、直接話を聞く活動も継続的に実施しています。2017年8月末現在、16の国や地域で回収しています。

また、コントワー・デ・コトニエ事業では、フランスのNGOと協働し、2015年から規格外などの理由で販売に至らなかった商品を集めて、服を必要としている人々に寄贈するほか、断熱材に加工したり雑巾などに再利用したりしています。


関連リンク

服の回収点数の推移

服の回収点数の推移

固形燃料へのリサイクル

お客様から回収した服を選別した結果、着られない服(約20%)は、固形燃料に生まれ変わります。服を破砕機で細かく裂き、金属を取り除いてから紙とプラスチックを混ぜ合わせて圧縮すると、高カロリー固形燃料(RPF)になります。固形燃料は、石炭など化石燃料の代替として、大手製紙会社の専用ボイラーで使われています。


ページトップへ