HOME > サステナビリティ > 商品 > 課題認識とアプローチ

課題認識とアプローチ

最終更新日: 2018.03.30
to English page

課題認識

本当に良い服をお客様にお届けするためには、商品を通じてサステナビリティを実現していかなければなりません。これは、企画・開発から使用後までの商品のライフサイクルを通じて、環境および社会的な影響に配慮すること、トレーサビリティや商品の安全・品質を確保していくことを意味します。ファーストリテイリングは、サステナビリティの実現はアパレル業界における共通の課題であり、業界全体での連携・協働が重要であると考えています。

アプローチ

ファーストリテイリンググループの売上の約8割を占めるユニクロ事業では、LifeWearをコンセプトとした服を提案しています。LifeWearとは、高品質で、シンプルかつベーシックでありながら、高いデザイン性と機能性、着心地の良さを実現し、お客様の個性や価値観を活かす服です。こうした新しい服をシーズンごとに提案するとともに、長年にわたって着続けられる価値を通じてお客様の暮らしを豊かにしていくこと、お客様とのコミュニケーションを通じてLifeWearを進化させていくことが、ユニクロ事業のサステナビリティの原点です。また、ファーストリテイリンググループは、アパレル業界におけるサステナビリティ課題に対応していくために、環境・人権に配慮した素材選定や厳格な品質管理体制の構築とトレーサビリティシステムの構築、お客様の声を反映させた商品開発、使用後のリサイクルなど、商品のライフサイクル全体で環境・社会のサステナビリティを追求しています。


ページトップへ