HOME > サステナビリティ > News & Updates > 瀬戸内オリーブ基金植樹ボランティア活動を行いました

News & Updates

最終更新日: 2007.04.19

瀬戸内オリーブ基金植樹ボランティア活動を行いました

株式会社ユニクロ

できることから一歩一歩 善意の輪を広げています

3_2.jpg

2007年4月12日~15日、毎年恒例瀬戸内オリーブ基金植樹のボランティアに当社従業員が参加をいたしました。今回は店舗、本部から総勢57名の従業員が参加しました。

瀬戸内海の小さな島、豊島に50万トンもの産業廃棄物不法投棄事件がおきたのが約30年前。緑豊かな自然を取り戻すため、瀬戸内海一帯の環境保全活動として6年前に瀬戸内オリーブ基金が設立されました。私たちユニクロのボランティア活動も4年目を向かえ、今では島のみなさんとの親睦も深め、オリーブの植樹とともに、ユニクロ農園の開墾、参道の整備、清掃活動ボランティアを実施しております。


 今回実施したボランティア活動

 オリーブの植樹と開墾作業

竹やぶの開墾をしてユニクロ農園を作ることになりました。オリーブの苗木を植え、各々が植えた苗木に名札をつけて、自分の名前とメッセージを添えました。3年後、5年後またここに戻って自分たちが植えたオリーブの成長の様子を見にいきたいと思います。

1_1.jpg 1_2.jpg 1_3.jpg

 参道の道作り

豊島には、33箇所のお遍路があります。その中の四番札所の道が草木で埋もれて、お参りができない状態でした。元通りの道ができるように草刈を実施しました。すべての道ができあがったときは、とても爽快な気分でした。

200704_1.jpg 200704_03.jpg 200704_04.jpg

 

 海岸清掃

産廃の現場に近い北海岸は、国立公園なのですが、外来植物が侵入し、危機にもさらされています。また、発泡スチロールやペットボトルなどのゴミも多く、これらを除去する作業を実施しました。

4_1.jpg 4_2.jpg 4_3.jpg
4_4.jpg 4_5.jpg 4_6.jpg

豊島は小さな島ですが、環境のこと、社会のこと、私たちにいつもたくさんのことを教えてくれます。一人一人の力は小さいけれど、10人、50人、100人とたくさんの人が集まることで大きな輪になり、世の中や社会が少しでもよい方向に変わるように一歩ずつ、着実に活動していきます。 

 瀬戸内オリーブ基金についてはこちらをご覧ください。
 ユニクロのボランティアクラブの活動についてはこちらをご覧ください。

0_0.jpg 5_1.jpg3_4.jpg
5_2.jpg5_3.jpg2_1.jpg


ページトップへ