HOME > サステナビリティ > 環境保全活動 > イントロダクション

イントロダクション

最終更新日: 2017.03.31
to English page

イントロダクション

ファーストリテイリング(FR)は、服を生産するにあたって、自然環境に多くの負荷をかけていることを認識しています。こうした課題意識から、環境の保護は、事業を持続的に成長させるうえで極めて重要であると考えています。自然環境と調和する事業活動を行っていくために、FRは、環境負荷を最小限に抑え、廃棄物を削減し、限られた資源からより多くの価値を生み出すための方法を模索し、取組みを推進しています。

コミットメント

  • サプライチェーン全体で環境影響を把握し、各プロセスで環境負荷の最小化を目指す。
  • 業界団体やNGOと協働し、一企業の枠を超えてリーダーシップを発揮する。
  • 店舗、商品、サービスを通じて、お客様との対話を実践する。

具体的課題

  • 化学物質と有害物質の適切な管理
  • 環境基準の遵守
  • 温室効果ガス排出、気候変動、水

「環境配慮型経営」の実現を目指す

ファーストリテイリンググループは、事業活動を通じて環境に与えるさまざまな負荷を低減し、国際社会が抱える地球環境課題に積極的に対応していくために、環境基本方針を策定。明確な目標を立て、活動を推進しています。まず、直接管理責任のある日本国内のユニクロ店舗においては、2020年度末までに10%のCO2排出量削減(延床面積原単位)を目指し、店舗設計や資材の調達から見直しています。

ファーストリテイリンググループのサプライチェーンで、環境負荷が高いのは生産工程です。主要な素材工場に対して、環境負荷の測定を実施しています。2014年9月にはサステナブル・アパレル連合(SAC:Sustainable Apparel Coalition)に加盟し、業界全体で環境保全の取組みが効果的かつ効率的に行われるべく、環境負荷測定プログラムの見直しと改善にも着手しています。さらに2020年1月までに、商品のライフサイクル全般において危険化学物質排出をゼロとするプロジェクトを推進しています。

SPA(※1)企業として、すべての事業プロセスに深く関与し、取引先工場をはじめとするステークホルダーとともに、環境負荷を低減していきます。

※1 SPA:Specialty store retailer of Private label Apparelの略語で、アパレル製造小売業の意。素材調達・企画・開発・製造・物流・在庫管理など、製造から販売まですべての過程を一貫して行う業態のこと


ページトップへ