HOME > サステナビリティ > 従業員 > 人権尊重

人権尊重

最終更新日: 2018.03.30
to English page

コードオブコンダクト(CoC)および人権ポリシー

ファーストリテイリングは、コンプライアンスや人権の尊重、企業倫理など全従業員が共通の指針とすべき基本事項をまとめた「ファーストリテイリンググループ コードオブコンダクト(CoC)」を制定しています。

ファーストリテイリングは、ファーストリテイリンググループの全従業員に対して、コードオブコンダクト(CoC)の理解と浸透を促進させるためのコードオブコンダクト(CoC)研修を行っています。ファーストリテイリングは、研修を受講した全従業員に対してコードオブコンダクト(CoC)の遵守を誓約する署名付きの書面の提出を求めています。 また、サステナビリティ研修や企業理念研修においても、企業倫理やコンプライアンスの重要性を伝えています。

さらに、人権問題への世界的な意識の高まりを受けて、2017年には「人権ポリシー」を制定に着手し、人権尊重の取り組みをより強化しています。

世界の各事業拠点でホットラインを運用

ファーストリテイリングは、コードオブコンダクト(CoC)違反が懸念される事柄や個人の業務上の悩みを伝えるホットラインをグループ・グローバルに運用しています。案件に対しては、担当者が相談者のプライバシーを保護しながら実態調査を実施。コードオブコンダクト(CoC)違反の疑いがある場合は、コードオブコンダクト(CoC)委員会または関連部門で具体的な解決に向けて審議します。

ホットラインへの相談の内訳は、国内外ともに「上司とのコミュニケーション問題」「業務・キャリアに関する相談」が多数を占めました。これらの問題は、経験の浅い店長やマネジャーの従業員対応に起因するケースが多いことから、ファーストリテイリングは今後、管理職に昇格した従業員への研修を強化していきます。

ホットライン相談件数とその内容(国内グループ会社)

ホットライン相談件数とその内容(国内グループ会社)

ホットライン相談件数とその内容(中国・台湾・韓国事業)

ホットライン相談件数とその内容(中国・台湾・韓国事業)


ページトップへ