HOME > サステナビリティ > 店舗とコミュニティ > 課題認識とアプローチ

課題認識とアプローチ

最終更新日: 2018.03.30
to English page

課題認識

環境負荷の増大、貧困・難民問題、人種差別、テロ、地域紛争など、国際社会は今、重大な社会課題に直面しています。ファーストリテイリンググループは、世界各地のさまざまなコミュニティのなかで生かされている存在です。これらコミュニティの持続可能な成長と発展に貢献することは、私たちの重要な責任です。コミュニティには、難民問題などのグローバルな社会課題と、事業国固有の課題が存在します。持続可能な社会の実現のためには、自治体やNGO・NPO、国際機関などが有する知見やノウハウだけでなく、持続的な成長を使命とする民間企業がもつ多様な技術とノウハウ、製品・サービス、情報や資金、マネジメント力を活かすことが求められています。

アプローチ

ファーストリテイリンググループは、服をビジネスとする企業としての強みを活かし、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)とのグローバルパートナーシップを通じて難民・避難民や災害の被災者への衣料支援活動を実施しているほか、緊急支援、自立支援、啓発活動などを実施しています。また、コミュニティが発展し続けるためには、人々が自立できる生活環境が不可欠です。そこでファーストリテイリンググループは、世界各地の店舗を活用して、さまざまな理由で社会的な弱者となった人々に対して職業訓練や就業の機会を提供するとともに、次世代を担う子どもたちの教育を支援しています。さらに、店舗そのものがサステナブルになるよう、地域の人々と交流しながら地域固有の伝統や文化に根ざした、安全で、かつ環境負荷の少ない店舗開発に注力しています。

関連リンク

  • 店舗設計とオペレーションポリシー
  • コミュニティリレーションポリシー

ページトップへ