HOME > サステナビリティ > お取引先とともに > サプライチェーンにおけるサステナビリティ推進

サプライチェーンにおけるサステナビリティ推進

最終更新日: 2017.03.31
to English page

生産パートナー向けのコードオブコンダクト

業務風景

ファーストリテイリングの生産体制は、同じ理想、同じ理念を共有し、ともに成長していくために、取引先数を絞り、取引先工場と一体となって生産活動を進めていくところに特徴があります。

ファーストリテイリングは、2004年、「生産パートナー向けのコードオブコンダクト(CoC)」を制定しました。さらに2016年9月には、「公正労働協会(Fair Labor Association)」との取組みの一環として、ファーストリテイリングのCoCを国際基準に沿ったものにするべく、内容を一部改訂しました。CoCは日本語、英語、中国簡体字に作成しています。取引先工場には、このCoCを基準として、労働環境モニタリングを実施しています。

生産現場の労働環境を外部の専門機関が監査し、ファーストリテイリングが取引先工場に対して評価をフィードバック。改善が必要な工場については、サステナビリティ部が直接訪問し、現場で取引先工場とともに、問題の根本的原因の特定と、改善活動に取り組んでいます。取引先工場には、このCoCに合意し、遵守を誓約することを義務づけています。

「生産パートナー向けのコードオブコンダクト(CoC)」

・法的要求事項
・児童労働
・強制労働
・抑圧及びハラスメント
・差別
・健康と安全性
・組合結成の自由
・賃金と諸手当
・労働時間
・環境保護
・文書化とコミュニケーション
・モニタリング及び本コードオブコンダクトの遵守
・是正措置
・再委託及び資材調達
・透明性及び誠実性

PDF 生産パートナー向けのコードオブコンダクト (264KB)

PDF Fast Retailing Group Code of Conduct for Production Partners (225KB)

PDF 生产合作伙伴行为准则 (158KB)

専任担当者の設置と育成を推進

業務風景

取引先工場が、ファーストリテイリングの労働環境モニタリングや改善活動を必要とせず、自ら工場と従業員双方にとって価値ある労働環境を維持できることが理想です。そこでファーストリテイリングでは、取引先工場に専任担当者の設置を求め、工場内部の監査の仕組みと体制の構築を推進するなど、取引先工場の自主マネジメント力向上に取り組んでいます。

また定期的に、ファーストリテイリングのサステナビリティ部が各生産事務所に取引先工場の担当者を集めて研修を実施。労働環境改善の意義、労働者の権利や健康安全管理などを学び、各工場のグッドプラクティスを共有しながら、自身の工場で実践すべき取組みを考える研修を定期的に開催しています。

取引先工場におけるホットライン

ファーストリテイリングは、取引先工場内の労働環境改善には、工場従業員の不利益になることがない方法で、意見や要望を吸い上げ、公正に判断、対応する仕組みが不可欠と考えています。労働環境モニタリングで各取引先工場のホットライン(苦情処理制度)の有無はもちろん、その仕組みや使用頻度など、実効性の把握に着手しています。

カリフォルニア州サプライチェーンの透明性に関する法律(SB657)
および英国現代奴隷法2015について

株式会社ファーストリテイリングとそのグループ会社(以下ファーストリテイリング)のステートメント

ファーストリテイリングは、「本当に良い服」を創造し、世界中のお客様に良い服を着る喜びをお届けすることを使命としています。「本当に良い服」の概念には、ビジネス活動のすべての側面において、誠実な行動をし、人権を尊重し、環境に配慮することも含まれます。

このステートメントは、カリフォルニア州サプライチェーンの透明性に関する法律(SB657)および英国現代奴隷法2015の定めに従い、ファーストリテイリングの2016年8月期の会計年度について公表するものです。ファーストリテイリングがそのサプライチェーンおよび自らの事業におけるいかなる部分においても、奴隷労働や人身取引が行われないようにするための措置を提示するものです。

ファーストリテイリングの事業とサプライチェーン
ファーストリテイリングは、カジュアルウェアブランド「ユニクロ」を中核として、日本市場だけでなく、世界市場で事業を展開するアパレル製造小売業グループです。
中核ブランドである「ユニクロ」の生産活動の約90%は、生産事務所のある中国、ベトナム、インドネシア、バングラデシュ、トルコ、インドで行われています。
ファーストリテイリングは、取引先工場との強固なパートナーシップをとおして、素材や服の生産活動にかかわるすべての人々の健康や安全、人権と法律で保証された権利が守られた職場環境づくりを目指しています。

奴隷労働および人身取引防止に関する方針
私たちはサプライチェーンに対するファーストリテイリングの責任に関して、「社会側面におけるポリシー」を発表しました。

詳細はこちら:  PDF サプライチェーン (324KB)

・環境側面におけるポリシー
・社会側面におけるポリシー

自社の使命に則り、人身売買や奴隷労働を含む人権問題に関して、サプライチェーンの継続的なリスクアセスメントを実施しています。ファーストリテイリングは、この問題に関する知識および情報を最新に保つため、監査会社やコンサルタントなどの民間の専門家に助言を求めるとともに、人権問題に取り組む団体の発表資料を定期的に参照しています。

また、私たちは、倫理的な事業活動を行うことと、人権を尊重するという原則にもとづき、生産パートナー向けのコードオブコンダクトを制定しています。このコードオブコンダクトは、児童労働・強制労働・人身売買・抑圧とハラスメントを明確に禁じ、関連する法令の遵守を求めています。私たちは、生産パートナーに、このコードオブコンダクトに合意し遵守を誓約することを義務づけています。

詳細調査および監査
私たちは、外部の監査会社に委託し、コードオブコンダクトの遵守状況を確認するためのモニタリングを行っています。コードオブコンダクトには、生産パートナーが遵守すべき要件として、苦情処理制度(ホットラインなど)の設置も含まれています。監査には、事前に通知を行ったうえで実施する場合と、抜き打ちで実施する場合があります。工場は、モニタリングで指摘された不遵守事項の改善に取り組み、問題点を是正することを求められます。コードオブコンダクトの違反を改善できなかった場合は、取引の停止を含む取引見直しを行うなどの厳しい措置をとっています。私たちは、問題の根本的な原因を特定し、各工場と一緒になって継続的な改善を進めることを重視しています。

透明性
私たちは、サプライチェーンの透明性を強化するよう努めています。
2017年には、ユニクロの主要取引先工場リストを発表しました。

PDF ユニクロ主要取引先工場リスト (293KB)

訓練および能力強化
さらに、商品と素材の調達に責任をもつ従業員およびマネジメント層に対しては、モニタリングの結果についての教育や指示を行います。また、サプライチェーンにおける人権・環境問題の重要性についても、意識向上のための教育を行っています。
合わせて取引先工場にも、定期的に同様のトレーニングを実施しています。

詳細は弊社WEBサイトをご確認ください。
 http://www.fastretailing.com/jp/sustainability/

株式会社ファーストリテイリング
代表取締役会長兼社長
柳井 正
2017年3月30日

ページトップへ