HOME > IR情報 > IRニュース > 子会社の合併およびキャビン事業再編に関するお知らせ

IRニュース

最終更新日: 2010.07.22

子会社の合併およびキャビン事業再編に関するお知らせ

株式会社ファーストリテイリング
PDF ( 171KB )
to English page

当社は、完全子会社である株式会社キャビンと株式会社リンク・セオリー・ジャパンの合併、および株式会社キャビンの運営する事業の再編を実施することといたしましたのでお知らせいたします。

1. 事業再編の目的

当社は、公開買付等により平成19年12月に「ザジ」、「アンラシーネ」といった婦人服ブランドを運営する株式会社キャビン(以下、キャビン)を完全子会社とし、ファーストリテイリンググループのコア事業のひとつである婦人向け衣料事業の中核企業とすべく、当社及び関連会社の協力体制のもと経営改革に努めてまいりました。しかし、婦人服小売業界、特にキャビンが顧客の中心としている若い女性層ではライフスタイルや嗜好の多様化が進み、厳しい経営環境が続いております。
当社といたしましては、グループのブランドポートフォリオ最適化の観点から、キャビンを当社の完全子会社である株式会社リンク・セオリー・ジャパン(以下、LTJ)に合併し、両社の保有する店舗網や人材、婦人向け衣料事業に関する経営ノウハウなどを有効活用し、同事業の成長を図ることといたしました。

2. キャビン事業再編の概要

現在キャビンが運営する「ザジ」、「アンラシーネ」をはじめとする各ブランドはLTJとの合併後、平成23年初頭を目途に休止いたします。なお現在営業している店舗につきましては、当社グループの運営する各ブランドへの転換をはじめ、婦人向け衣料事業として最適な運営形態を慎重に検討し、関係各位と協議の上、今後の扱いについて決定してまいります。

3. 子会社の合併の概要

(1) 効力発生日
      平成22年9月1日

(2) 合併方式
      LTJを存続会社とする吸収合併方式

(3) 合併当事会社の概要(平成22年6月1日現在)

 


4. 業績に与える影響について

本件に伴い、平成22年8月期の連結業績において約30億円の特別損失の計上を見込んでおります。

以 上

ページトップへ