HOME > グループ企業 > グループ企業ニュース > 車いすテニス世界No.1のゴードン・リード選手が ユニクロ グローバルブランドアンバサダーに就任 長期パートナーシップ契約を締結

グループ企業ニュース

最終更新日: 2017.07.11

車いすテニス世界No.1のゴードン・リード選手が ユニクロ グローバルブランドアンバサダーに就任 長期パートナーシップ契約を締結

株式会社ユニクロ
to English page

ユニクロは、男子車いすテニス世界ランクNo.1*1であり、リオデジャネイロパラリンピック男子シングルス金メダリストのゴードン・リード選手が「グローバルブランドアンバサダー」に就任したことを発表します。英国人選手のグローバルブランドアンバサダーへの起用は今回が初めてです。

*1:2017年7月10日現在のランキング

ユニクロはリード選手とのグローバルブランドアンバサダー契約を通じて、単なるウエアの提供やプロモーション活動への起用だけに留まらず、トップアスリートである同選手からのフィードバックを商品開発へ反映するとともに、これまで培ってきた服作りのノウハウを活かし同選手のパフォーマンスの最大化に貢献してまいります。また、ユニクロがグローバルで推進している社会貢献活動についても、同選手と協力のうえ、ともに取り組んでいく予定です。リード選手は、現在開催されている「ウィンブルドン選手権」の車いすテニス部門*2にて、初めてユニクロのウエアを着用して戦います。

*2:車いすテニス部門は7月13日から16日まで開催

ゴードン・リード選手のコメント
ユニクロのグローバルブランドアンバサダーの一員となることができ、 大変光栄です。シーンを問わず、心地良くプレーできることが重要と考える自分にとって、高品質で高機能なユニクロのウエアは、求めていた ニーズと完全に合致していました。コートの上で、また、コートの外でも、 ユニクロのアンバサダーとして活動していくこれからの日々が楽しみです。

株式会社ユニクロ代表取締役会長兼社長 柳井 正のコメント
この度、ユニクロのグローバルブランドアンバサダーに、ゴードン・リード選手が就任されたことを大変嬉しく思います。リード選手は、苦難に打ち勝つ強い心で、車いすテニスの最高峰に登り詰めました。リード選手は、まさにユニクロのアンバサダーにふさわしい資質の持ち主です。同選手の地元英国で 開催されるグランドスラムである「ウィンブルドン選手権」でユニクロのウエアを着て活躍する姿が見られることを誇りに思います。
ユニクロは2014年から世界車いすテニスツアーのスポンサーを務めておりますが、今回のリード選手との契約により、車いすテニスに対する当社の強い思いを、国際テニス連盟(ITF)とあらためて共有することができ、非常に光栄です。国内最高水準の障害者雇用率である当社は、ダイバーシティと個人の 尊重を最も重要な企業価値のひとつと位置づけています。リード選手とともに、あらゆる人々の生活に 寄り添う「LifeWear」を、これまで以上に追求していきたいと考えております。

ゴードン・リード選手について
1991年10月2日生まれ。英国・スコットランド アレクサンドリア出身。MBE勲章*3殊勲者。車いすテニス転向2年後の2007年に英国人選手として最年少(15歳)でシングルス国内チャンピオンに。同年のワールドチームカップではジュニアチームを優勝に導いた実績を持つ。2016年全豪オープン優勝、2016年ウィンブルドン優勝、2016年リオ パラリンピックではシングルスで金メダルを獲得。2017年度シングルスITF世界ランキングNo.1*4のプロ車いすテニスプレイヤー。

*3:大英帝国勲章のひとつ
*4:2017年7月10日時点

ユニクロ グローバルブランドアンバサダーについて
ユニクロブランドと「LifeWear」コンセプトを世界に広めるため、ユニクロは、世界トップレベルのアスリートとパートナーシップ契約を締結しています。グローバルブランドアンバサダーには、困難にも負けず最大限の成果を達成しているアスリートを起用しています。また、スポーツにおける功績だけでなく、逆境にあっても希望を失わない精神、他人を尊重する心、謙虚さなどを併せ持つ、品格のある人物を任命しています。

ユニクロは、トップアスリートであるグローバルブランドアンバサダーのフィードバックを活かし、お客さまの日々の暮らしをより心地良くする機能的な服作りを目指しています。また、ユニクロは、アンバサダーたちの協力のもとで、世界各地で社会貢献活動に取り組んでいます。

現時点でのユニクロ グローバルブランドアンバサダーは、テニスの錦織 圭選手、車いすテニスの国枝慎吾選手およびゴードン・リード選手、ゴルフのアダム・スコット選手、冒険家の南谷真鈴氏です。

 

ページトップへ