HOME > グループ企業 > グループ企業ニュース > ファミリーマート、ローソンとの協業によるユニクロ商品の「コンビ二受取りサービス」を今春より開始

グループ企業ニュース

最終更新日: 2017.01.06

ファミリーマート、ローソンとの協業によるユニクロ商品の「コンビ二受取りサービス」を今春より開始

-セブン-イレブンと合わせ、全国約4万3,000店舗のコンビニで24時間受け取りが可能に-

株式会社ユニクロ
to English page

株式会社ユニクロ(本社:山口県山口市、代表取締役会長兼社長 柳井 正)は今春より、株式会社ファミリーマート(本社:東京都豊島区、代表取締役社長 澤田貴司)および株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 会長CEO 玉塚元一)と協業し、全国のファミリーマート店舗およびローソン店舗でのユニクロ商品の「コンビ二受取りサービス」を開始します。本サービス開始により、すでに実施しているセブン-イレブンでの受け取りサービス(*1)と合わせて、全国の約4万3,000店舗(*2)ものコンビニエンスストアで、ユニクロの商品を受け取ることができるようになります。

「コンビ二受取りサービス」は、ユニクロのオンラインストア(http://www.uniqlo.com/)で購入した商品を、自宅や職場の近く、出張先など、24時間(*3)全国どこでもお客様にとってアクセスしやすいコンビニエンスストアで受け取ることができるサービスです。日ごろ多忙でユニクロ店舗に行くことができないお客様や、オンラインストアで購入しても不在がちで自宅で商品を受け取ることが難しいお客様、出張先や旅行先で購入した服を直接受け取りたいお客様などに最適です。

ユニクロはお客様により快適にショッピングをお楽しみいただくために、オンラインストアの商品拡充やユニクロアプリの利便性向上、セミオーダー商品の販売などを進めています。今後も、購買体験をさらに楽しく、便利にするサービスを展開していきます。

*1:セブン-イレブンでの受け取りサービスは、2016年2月にスタートしました。
*2:サービス対応店舗:セブン-イレブン:約1万9,000店、ファミリーマート:約1万2,000店、ローソン:約1万2,000店
(2017年1月時点)
*3:店舗により、営業時間が異なる場合があります。

 

ページトップへ