HOME > グループ企業 > グループ企業ニュース > 日本の伝統文化を、世界のポップカルチャーに -「松竹歌舞伎×ユニクロ プロジェクト」始動-

グループ企業ニュース

最終更新日: 2015.02.16

日本の伝統文化を、世界のポップカルチャーに -「松竹歌舞伎×ユニクロ プロジェクト」始動-

株式会社ユニクロ
to English page

株式会社ユニクロ(以下、ユニクロ)は、松竹株式会社(以下、松竹)と協業し、日本を代表する伝統芸能である歌舞伎を、服を通じて、現代のポップカルチャーとして世界に発信する「松竹歌舞伎×ユニクロ プロジェクト」を始動します。

歌舞伎は、江戸時代に誕生し、2005年にユネスコの無形文化遺産に宣言された日本が世界に誇る伝統芸能で あり、400年余年を経た今日も人々を魅了し続けています。

ユニクロは、服を通じて世界をより良い方向へ変えていくという思想を持ち、あらゆる人々の生活を豊かにする「LifeWear」というコンセプトにもとづいた服づくりをしています。その中でも2003年に誕生したユニクロのTシャツブランドUTは、「Tシャツをもっと、自由に、面白く。」をキーワードに、Tシャツを様々なライフシーンで自分の個性を自由に表現するツールとして、幅広いコンテンツを揃えています。また、日本特有のコンテンツとして、浮世絵や漫画といった伝統文化から今の日本を代表するポップカルチャーまで展開しています。

この度、ユニクロと松竹は、日本の「真善美」という美意識を尊重しながら、「歌舞伎」を現代のポップカルチャーとして世界へ広めていきます。なお、本プロジェクトアンバサダーとして、四代目市川猿之助氏に就任頂き、世界中の皆様へ情報発信をしていきます。

-「松竹歌舞伎×ユニクロ プロジェクト」商品概要-

日本の伝統文化を、本物のジャパンポップカルチャーとして体現する為、ユニクロのUTクリエイティブディレクターであるNIGO氏が最適なデザイン、ボディ、素材を考え抜き、歌舞伎の製作・興行を担い、歌舞伎の殿堂・歌舞伎座を運営する松竹と市川猿之助氏監修のもと商品を完成しました。多彩な演目から生まれたユニークな衣裳デザイン、歌舞伎独特の化粧法である隈取に加えて、プロジェクトアンバサダーである市川猿之助氏の屋号「澤瀉屋(おもだかや)」(※1)にまつわる紋や文様など、歌舞伎のアイコニックなモチーフをベースに、UTやSTETECO&RELACO、バンダナ、トートバックまで、男女共に楽しめるラインナップを揃えました。3月20日(金)よりフランスを皮切りに順次世界(※2)で展開し、3月26日(木)より日本全国のユニクロ店舗(※3)、およびオンラインストアで発売する予定です。

株式会社ユニクロ代表取締役会長兼社長 柳井 正

江戸時代から日本人の心を魅了し続ける「歌舞伎」は日本が世界に誇る偉大な大衆文化です。上質な日本文化である「歌舞伎」を現代のジャパニーズポップカルチャーとして世界中のお客様にお届けするという新しい挑戦を大変嬉しく感じております。ユニクロは、これからも服を通じて、世界中のあらゆる人々の生活を豊かにし、大衆に受け入れられるブランドを目指していきます。

松竹株式会社代表取締役社長 迫本 淳一

「歌舞伎」は、日本が誇る伝統芸術であり、その中で江戸時代から表現されてきた美意識は、日本人が世界に誇れるものであると思います。このたび世界中に幅広いファンをもつユニクロを通じて、歌舞伎ひいては日本の大胆かつ繊細な伝統美が、これまでにない新しい形でより多くの方に発信されることを願っています。

歌舞伎俳優 市川 猿之助

世界へ向けたこの新しいプロジェクトに、アンバサダーとして参画させていただける事を光栄に思います。 私も色々とアイディアを出させていただきましたが、歌舞伎に伝わる色や文様などを織り交ぜながら、それらが 現代の最先端をいくユニクロと手を組むことによって、何か新しいものが発信できたのではないかと思って います。ひとつのブームが起こると嬉しいと思います。皆様も手に取ってこの商品を感じてみてください。

※1 瀉のつくりは、「わかんむり」。
※2 商品展開国:中国、韓国除く14の国と地域。
※3 店舗によって販売する商品が異なる場合があります。

【隈取をベースにデザインしたTシャツ】

【四代目 市川猿之助氏プロフィール】

今、最も注目される歌舞伎俳優のひとり。2012年6月に二代目 市川亀治郎改め、四代目 市川猿之助を襲名。屋号は澤瀉屋。古典はもちろん、「スーパー歌舞伎 II」など新たな歌舞伎の創作にも意欲的に取り組む。また歌舞伎にとどまらず、演劇、映画やTVなどでもその才能を発揮する。

「松竹歌舞伎×ユニクロ プロジェクト」スペシャルサイト:http://ut.uniqlo.com/kabuki

 

ページトップへ