HOME > CSR >  CEOコミットメント

CEOコミットメント

最終更新日: 2015.08.31
to English page

世界を良い方向に変えていく
果敢なチャレンジを続けます

代表取締役会長兼社長 柳井 正

共存共栄以外に道はない

グローバル化、デジタル化が進み、国境の意味は薄れ、産業の垣根が消滅しつつあります。世界はすべてつながっています。地球上で起きるすべての問題が瞬時に自分たちの生活や事業に影響してくる。過去30年で起きた変化が3年で起きる。そういう時代に私たちは生きています。どんなに主義主張が違っても、すべての国や人々が個性を発揮し、共存共栄する以外に道はありません。

地球環境や貧困、難民問題など、世界には解決すべき課題が山積しています。今、私たちが最も優先すべきことは、世界そのものが持続可能であることです。漫然と過去を繰り返すことは許されません。現実を徹底的に認識し、未来を見据え、希望をもって行動することが必要です。私たちファーストリテイリンググループは「世界を良い方向に変えていく」という決意と覚悟をもち、事業そのものをとおして、社会の課題解決に取り組んでいきます。

あなたは、どんな良いことをしていますか?

これまでの事業経験を通じて私は身にしみてわかったことがあります。それはグローバルで事業を展開するには、以下の3つの問いに答えないといけないということです。

  • あなたは何者ですか?どこが他の人と違うのですか?
  • あなたはこの国に、どんな良いことをしてくれますか?
  • あなたは世界中で、どんな良いことをしていますか?

他の人と同じことをやるのなら、わざわざ他所から来てもらう必要はありません。次に、その会社が来ると、その国や地域にどんな良いことがあるのか。単にお金儲けがしたいだけでは尊敬は得られません。そして最後に聞かれるのは「あなたは普段から良いことをしていますか?」。日頃やってもいないことを「これからやります」などといっても信用してくれません。

「使命感をもって仕事をする」。これが今の時代、最も大切なことではないでしょうか。自分たちは将来どこに行こうとしているのか。どういう方針でビジネスをするのか。明確なビジョンやミッションがあるかないかで、結果は100倍も1000倍も違ってくると私は思います。

こうした価値観のもと、私たちは事業活動と同様にCSR活動の分野でも重点テーマを導き出し、明確な方針と目標を立て、次のような課題に取り組んでいきます。

持続可能な世界を

持続可能な世界を実現するため、私たちは側面からの支援にとどまらず、課題解決のために事業そのものに取り組み、社会とともに成長することを目指します。

たとえば世界各地で雇用を生み、人を育て、収入を増やし、新たな市場を生み出す。それによって初めて持続可能な社会が実現できます。CSR活動と事業活動は一体不可分であり、CSR活動自体が企業生存の条件であると私は考えています。

悪化の一途をたどる難民問題は世界で最も深刻な問題の一つです。従来から積極的に進めている「全商品リサイクル活動」を一段と強化し、2015年10月からは「1000万着のHELP」プロジェクトに着手しました。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と協働し、1,000万着の服を世界中の難民・避難民に届ける計画です。

経営の基本は人権の尊重

今世界では、あらゆる差別の撤廃はもとより、児童労働や強制労働の排除、障がい者雇用、社会的弱者支援、女性の積極的活用、ダイバーシティ促進、人的資源のグローバル活用などが重要な課題として改めて重視されています。「人」の重視はファーストリテイリングの経営の基本です。私たちは改めて人権の尊重を最優先に、コンプライアンスを重視し、全従業員に対する企業理念の浸透に努めます。

加えて、生産現場における適正な労働環境の維持も重要な課題です。2015年3月からは従来の縫製工場に加え、素材工場に対しても労働環境や環境負荷に関するモニタリングを開始。抜き打ち検査も継続実施しています。2015年7月には、工場労働者の権利保護に取り組む国際NPO、公正労働協会(FLA:Fair Labor Association)に加盟し、労働者の人権保護に努めています。今後も幅広いステークホルダーの声に耳を傾け、時代や社会の変化を先取りし、働く人々のより良い労働環境と生活の実現に貢献していきます。

環境負荷の低減

環境問題への企業の取組みに対する社会の視線は年々厳しさを増しています。私たちはサプライチェーン全体が環境に与える影響を正確に把握し、各プロセスで負荷の最小化を目指します。2014年9月には、世界的な業界団体、サステイナブル・アパレル連合(SAC:Sustainable Apparel Coalition)に加盟し、NGOやパートナー企業などとも協力し、環境負荷の低減に取り組みます。

コンプライアンス、企業倫理の重視

私たちは、コンプライアンスや企業倫理を常に重視し、あらゆる活動を正直かつ誠実に行います。チェック&バランスの行き届いた経営体制を構築し、説明責任を果たし、公正で健全なコーポレート・ガバナンスを確立します。常にオープンな姿勢で社会の声に謙虚に耳を傾け、改めるべき部分は迷わずに改める姿勢を堅持します。

「服」のもつ価値を通じて、人々の生活をより豊かにし、社会をより良い方向に変えていく。ファーストリテイリング独自の個性あるCSRの実現を目指し、果敢なチャレンジを続けます。

2015年8月

株式会社ファーストリテイリング
代表取締役会長兼社長
柳井 正

ページトップへ